toggle
呉市の塗装店
2017-01-20

2017年 最初の現場

旧ブログも健在ですが、今後は主な更新はこちらで行っていく事になります。ですが、まだまだ慣れないので、徐々に更新率を上げていきます。

前回の更新の続きです。自社で足場仮設を行っている所です。建物の形状が変則的なので、今回は仮設が難しかったです。相変わらず、足場パイプの本数がかなり入りました。


この波板も当店が張り替えます。


飛散防止シートを張る前で、こんな感じです。足場は、基本的に壁面から90cmくらい離れた位置に来るのが理想です。ですが、全てがそういう距離感で仮設できるわけではなく、敷地の状態から60cmくらいしか取れない時もあれば、それ以下の時もあります。 足場も本当は難しい物で、話せば最近の事情やら、何やらと、言いたいことがあれこれ出てくるので、ここではこれ以上は語らないようにします(笑)


こういう所にも気を遣う必要があります。右側が現場の建物。左側は隣の家になります。こういう所は、距離が近すぎるので、シートを2重にします。


こんな感じです。今回は、当店が仮設を行ったけど、足場業者に依頼した場合でも、業者はそこまではしてくれないので、業者に組ませても、こういう場合は当店がシートを持ってきて、もう一枚張るなどしています。

ところで、現場の方は・・・・


モルタル外壁に、タイル吹き(ボンタイル)仕上げを行ったのが、新築時の塗装だったようです。結構割れも多いです。

このように、壁面の塗膜が亀の子状態です。こんな状態でも、色を塗るだけの3回塗りを行うだけの仕事は、最近非常に多いようですが、それでは話にならないので、今回も下地強化となる厚付け3回塗り仕上げを行います。


波板のポリカーボネートは張替を行うので、塗装面の部分だけ先に剥がし取りました。