toggle
呉市の塗装店
2017-01-22

WB多彩仕上げ工法

サイディング外壁に、新しい多彩模様塗装の施工が可能になりました。
スズカファインのWB多彩仕上工法です。この工法は、サイディング外壁でも、窯業系のデザインサイディングのみに使用可能な施工方法です。
窯業系デザインサイディングとは、下でご紹介するような、今風な凸凹とデザインされた外壁です。
まず、どんな塗装かと言いますと・・・・
cimg2048
サイディング壁を一般的な方法で塗り替えてしまうと、上のような一色で塗り潰しになってしまいますが、WB多彩仕上工法ですと、下の写真になります。

cimg2049
こういう感じです。
これは、ある専用のローラーで転がして、色を上のように塗装できる工法ですが、さらに細かく見ると、黒いゴマみたいな物まで再現でき、塗装したとは思えないような仕上がりになります。WB多彩仕上工法は、最上級シリコン塗料による、4回塗り多彩模様仕上げです。特殊な施工ですので、講習を受けた塗装店のみが施工可能な工法です。
(施工方法)
下塗り(シーラー塗り)⇒ シリコン塗り(ベース塗り)⇒ 別色シリコン塗り(模様付け)⇒ 特殊クリヤー塗り(仕上げ)

という4回塗り工法です。しかも最後のクリヤー(WBアートSiクリヤー)は、下の写真のように黒ゴマ入りで、こちらもこの工法の為に作られた材料になります。
cimg2042
バケットに入ったクリヤーです。(ピンクの物はローラーです。)
cimg2043
アップで見ると、このような黒ゴマが浮いたようなクリヤーになっています。

 

下の3枚の写真は、仕上げのクリヤーを塗る前の途中経過で、模様付けをローラーで行った所です。
cimg2034
このような、2色による工法も可能ですし。

cimg2035
3色塗りも可能でして、このような感じになります。もうアートみたいですね。

cimg2036
ブロック調サイディングも、この工法で、立体感のある壁面にする事も可能です。

建物全体を、このような仕上げにせずとも、上下が見切りで分かれているような建物の下側だけ塗ってみたり等すれば、より塗り替えの幅が広がります。この工法による、シリコン塗料(WBアートSi)は、1回塗りで2回塗りと同等な膜厚が付くようにメーカーが改良されていますので、耐久性も充分に考えられた4回塗り仕上げです。もちろん普通に塗るより、費用は上がりますが、10~15年に1回の塗り替えですので、こういう遊び心があってもいいのではないかと思います。

yougyou
デザインサイディングとは、上のような窯業系で何らかのデザインがあるタイプを言います。壁のデザインが単調すぎる場合は、不可の場合もありますので、気になる方はご相談下さい。

●リンク
詳しくは、スズカファインのWB多彩仕上工法のPDFページをご覧下さい。