toggle
呉市の塗装店

2018年1月 東広島市西条町A様邸  (外壁塗装工事)


シーリング打ち替えを行い、外壁はラジカル制御フッ素塗料で塗り替えました。幅広のシーリング目地である事も考え、下塗り材にはブリード抑制機能のあるアレスエポレジン(関西ペイント)を使用しました!!


ビフォー(塗り替え前は、シーリングがカチカチに硬化しており、壁面は全面チョーキングといった劣化状態でした。)

アフター(前回と同じような色で塗り替えたいご要望があり、塗り替え後、理想的な色になりご満足頂きました。)


軒天は、前回は外壁よりも濃い色でしたが、この度は提案として、薄い色をお勧めしました。結果、お客様にも気に入って頂けました。その他、雨樋の付け根がプラスチックで、折れている部分が十か所近くありましたので、全て取り替えておきました。

当初、ラジカル制御という言葉に興味を持っておられ、ラジカル制御シリコン・ラジカル制御フッ素・無機塗料という3パターンの見積を提案もさせて頂きました。なるべく塗装を長持ちさせたいというご希望から、ラジカル制御フッ素塗料での施工をご希望されました。塗装後、新築時以上になったとお喜び頂きました。

(お客様の声)