toggle
呉市の塗装店

2018年7月 呉市広T様邸 (外壁塗装・波板張替え・左官・一部板金工事)


ビフォー(塗り替え前)・・・塗膜の剥がれが全体的に見られる状態でした。

ビフォー(塗り替え前)・・・・裏面もこういった状態でした。

この建物の症状は、新築時のリシン塗装が、今のような商品化された物では無い物を使用されてた時代もあったらしく、それにより次に塗装したタイル吹き塗装の密着も悪くなり、このような剥がれが見られるのだと判断しました。40年近く前のリシン塗装は、塗装屋が勝手に作って吹いていたという物もあったりするようで、最近ではこういう剥がれ方はあまり見ないようですが、少し前はこういった一番最初の塗装の影響で、密着が悪く剥がれるなんて現場は、呉の方では結構多かったようです。

今回、剥がしまくった後は、少しでも段差解消の為に左官補修を行い、その上に硬質タイル吹きで模様付けを行いました。
下が、この度の塗り替え後です。

アフター(塗り替え後)・・・・塗膜を剥がしまくり、左官工事を入れて、アートフレッシュという艶の無い塗料で仕上げました。波板の張り替えも行っています。

アフター(塗り替え後)・・・・裏面の仕上がり後。

施工費 155万(税別)
仕様:旧塗膜の脆弱面剥がし取り/左官工事/補修の玉吹き/外壁=アートフレッシュを使用した3回塗り/外塀塗装/室外機一部撤去/波板張替え/付帯塗り/その他足場等含む

(お客様の声)