toggle
呉市の塗装店
2017-10-11

熊野の完成現場

少し前に完了した熊野の現場の完成後です。

今回は、細かい部位のビフォー・アフターを2か所紹介します。


ビフォーの状態・・・・勝手口や窓上の庇にご注目を!!


アフターの状態・・・・こげ茶に塗り替えました。単に塗り替えをしたわけではありません。
本来は、既存通りの塗り替えでしたので、軒天の艶消し防カビ塗料で側面も塗る予定でしたが、この艶消し防カビ塗料は定番の商品ですが、基本は紫外線が当たらないような耐久力が求められない部位に塗る物なのです。ですが、この建物では、庇に水切りがありはしますが、側面に雨が良く当たるのか、かなり痛んでいましたので、庇の天端面と同じ耐久力のある材料で塗らせて頂きました。その方が、少しでも持ちが良いからです。

 


ビフォーの状態・・・・結構ある例なのですが、風呂場の窓の下に水切りが無いので、結露も多い浴室の窓から出る水が壁面を伝う頻度が多く、サイディングが欠損している状態でした。熊野は結構寒いので、凍害爆裂による影響の方が強いのかと思います。


アフターの状態・・・・それを改善するために、欠損部はパテ処理し、窓の下部に水切を取り付けました。これで壁の痛みはぐんと軽減されると思います。

お施主様には、本当に良くして頂きました。
私と同じで、ヘヴィーメタルと、カープをこよなく愛する、素晴らしい施主様でした(笑)ありがとうございました。