toggle
呉市の塗装店
2018-04-04

安佐南区・広の現場完了後

結構やる事が多く、更新を引き延ばしていましたが、とりあえず更新します。

広の現場も完了しました。複層型弾性厚付け4回塗りラジカル制御シリコン仕上げです。


弾性主材でマスチックローラー仕上げを行っているので、微弾性よりは多少割れに強いとは思います。

近隣が近いと、手塗りにせざるを得なくなってしまうことが多いですが、手塗りで行うマスチックローラー仕上げよりも、吹付のタイル吹き仕上げで玉を詰めた施工の方が、壁に膜を張って厚みが付くな~と最近よく思います。そのかわり、玉を詰めた吹き方をすれば、とんでもなく材料を使いますがね(^_^;)


安佐南区で施工完了の現場です。今回は、下地がタイル吹き仕上げで、割れもあまりないので、塗りだけの仕上げで十分だと判断しました。そして、当初は、2回塗りで仕上げれるシリコン塗料があるので、それを使ってみようかと提案して、そういう仕様で進める予定でしたが、職人曰く、「2回塗りで塗れるとは言っても、そんなもんできれいになるわけがない」と言うので、仕様変更。フィラーを下塗りし、ラジカル制御塗料2回塗りという、3回塗り仕上げを行いました。

当店では、よほど亀裂が無い建物でないと、例え塗り替え前が「タイル吹き仕上げ・マスチック仕上げ・押さえ仕上げ」でも、厚付けをお勧めするので、べた塗りは年に1回あるかないか?くらいでしたが、今回はべた塗りの3回塗りで正解だったと思います。

後は、鉄骨を塗ってポリカ波板張替え。これは過去最高に多い張り替え枚数だったと思います。

一般的なアルミの枠に取り付けるだけではないので、大変でした(^_^;)

現在進行中の現場です。

広の現場です。残すは足場解体のみですが、施主様が雨戸の下を気にされていましたので、サッシ屋にお願いし、本日取り外し、数日中にその部分も塗装し、完成となります。
サッシ屋はさすがプロだと感心しました。1回目は取り付けの仕組みが分からなかったので、苦戦しても、次からは仕組みを理解して、簡単に外すんですね(゜_゜>)

当店で、最近お勧めのフッ素塗料「UVアクアコート」で仕上がりとなります。「耐久力期待してるぜっ!!」


焼山の現場です。久しぶりに、サイディング外壁に弱溶剤を使用する現場です。2年くらい前に、西条の寺家で行って以来です。モルタルの建物はともかく、サイディングの建物には当店では水性が主流になっています。

サイディング下塗り材のサーフエポ塗り時です。

こちらは江田島で、進行中の現場です。明日は、関西ペイントのアレスエポレジンを塗ります。