toggle
呉市の塗装店
2018-12-10

塗装工事・リフォーム工事

最近、なかなか更新が遅いですが、色々とやる事があるとホームページの更新が一番最後になってしまいますね(^_^.)

当店は、塗装屋ですが、色んな業種の専門職との付き合いから、リフォームのご依頼にも大抵の事なら対応しています。
今現在もリフォーム対応していまして、下がそうです。

まず座を作った所からです。実際は、被災で内部がぐちゃぐちゃな所からスタートしてるんですが、工事開始はその辺がある程度きれいになった所から着工しました。

鋼製束を入れまくって、木で下地を作った所です。鋼製束とは、画像に見える木枠の下に取り付けている束です。要は、フロアを支える束なんですね。
そして、この木枠の上にコンパネと床のフロアを張る2重張りなわけです。昔の木造住宅は、束石の上に、木の束があり、さらにその上のフロアも1層というのが、相場ですが、最近は全て2重フロアになんですね。余談ですが、うちの自宅は古い家でしたので、当然1層でしたが、2重にした後、物凄く床からの冷気が少なくなりました。

材料も徐々に搬入といった所。この頃、10月下旬でしたね。

木造住宅なら、結構、工事もはかどるものなんですが、この度は、かなりのレアケースのコンクリート住宅なんです。

以前、私はコンクリート住宅のハウスメーカー営業をしていたので、なんか懐かしい感じがしました。
ハウスメーカー時代の工法は、コンクリートパネルにて組み立てを行う特殊な工法でして、コンクリート強度を保ちつつ、室内は木造住宅と同じという物だったんです。まさに、この現場も工法は違えど、そんな感じなんです。
というのも、今頃の家は、内部はプラスターボードにクロスを張った内装は、もはや当たり前で、それには構造は木造でも、鉄骨でも、コンクリートでも、同じような事が可能なわけです。ただ、それをコンクリートの構造で実現するには、コンクリートの内壁に木枠を内部に組まなければいけないわけなんです。その分、室内の間仕切壁は太くなるのですが、この現場は、まさにそれを思い出させてくれました。内部に木枠を組むのは非常に手間なんですが、それとは別にもう一つ方法がありまして、それが下のぺったんです。

この材料を・・・・

こういう風に団子状にコンクリートに盛り付けて、ボードを垂直に張るわけです。その後は、下のような感じです。


ボードを張った上にはクロスを張るので、壁に黄色っぽく見えるのは、パテの痕です。コンクリートに直にクロスを張っている部分は、もう何層にパテしたのかも分からないくらい、パテをしまくりました。

こっちの部屋もあります。キッチンの壁には、タイルを落として、キッチンパネルを取り付ける予定。


さらに少し工事が進んだ写真です。クロスを張った後になります。床柱も新しい物で、取り替えに苦労してました。だんだん部屋感も出てきました。何にせよ、コンクリート住宅は大変なんだという事が、今回よ~く分かりました。リフォームにはやはり木造が一番むいています。

リフォームは大変な工事で、誰に頼めば良いか?と悩んでいる方は、是非ご相談下さい。できる限りお求め易く、アットホームな感じで対応させて頂きます。

それはそうと、もちろん塗装工事も頑張っております。

塗装実績にも更新させて頂いている現場です。

現場着工していた現場も・・・・

ほぼ完了。

クリヤーとスレート屋根の現場も・・・

完了です。
そして、現在は黒瀬にて施工中です。

この現場では、モニエル瓦に前回やってはいけない塗装をされている現場でして、プチ知識として、またページ更新していきます。早かったら、明日には更新します。