toggle
呉市の塗装店
2019-06-20

郷原と高屋で塗装工事中

現在当店は、郷原と高屋で塗装工事を行っています。

下は郷原の現場で、こちらは2棟同時施工の仕事です。

写真で見ても気持ち良い青空ですね!!でも結構前に着工してまして・・・

現在は、こちらの建物は塗装完了。

もう一つの建物は、ALC外壁ですので、シーリング工事を行う必要があり、そこまで完了していて、現在着工!!

一方で、高屋では・・・・

足場仮設時の様子。二人で仮設した為、夕方くらいまで掛かりました。

足場はこんな感じです。
写真は高圧水洗浄後です。花壇のブロックも洗浄で綺麗になったので、お施主様はお喜びでした(^_^;)

シーリング工事も完了。この度は軒天と壁の取り合いは悪くないし、外壁と同色なのでシーリングは壁面と窓廻りのみです。

錆び止めや、付帯へのプライマー塗りも完了。

一人は養生作業中。

現場は、サイディング壁に弾性リシンというタイプの壁です。めちゃくちゃネタを食いまくる壁で、下塗り材は多めに頼んでたのに、すでに足らんという事で、さらに3缶追加。想定を超えましたが仕方ないです。ある意味、勉強になります(-_-;)

こういう事が塗装工事であるからこそ、「〇〇坪〇〇万円パック」みたいな業者に容易に依頼しては絶対にダメだと私は思います。塗装工事は、想定外の事が度々起こる仕事です。
例えば、この度のように、予想以上にネタを食うケースって場合もありますが、それ以外では天候によっても、せっかく行った養生が全てダメになって再びやり直しで2度手間になったり、いきなりの雨で、塗って間が無いから塗装が流れ、トップコート2回目塗ったけど仕上がりに影響してるので、さらに材料購入して3回目を塗る事だってあるわけです。塗装屋なら、これくらいは常識的に行うので、天候や塗装時期うんぬんで、施工品質が変わるのでは!?というレベルの低い話はしないものです。塗装屋はそんな大雑把な感覚で仕事はしてないです。もっと細かい気温の変化や状況を気にしてその日の施工の手順だって変わってくる仕事です。塗り終わっても仕上がりが悪いと判断すれば再び塗り直す。そういう事は普通の塗装屋なら経験済みです。だから、塗装屋って年間トータルで見た時に、案外儲けの少ない仕事だな~と思うわけです。
でも、「〇〇坪〇〇万円コミコミでやります。」みたいな仕事なら、そんな常識的な事もできる余裕があるとは思えないので、普通に考えてまともじゃないなって思うわけです。安くても数で勝負とかそういう問題の仕事ではないからです。

なんだか、いつもの悪い癖で、話が反れまくりましたが、当店はバリバリ塗装中であります。ではでは。