2020年も宜しくお願い致します

年始の更新遅れましたが、今年も宜しくお願い致します。

昨年の12月中旬から、私も現場で仕事していたので、更新する余裕がなかったです(^_^;)

正月こそは更新やら、新しい提案書を作ろうと考えてはいましたが・・・ただただ休むだけの

日々で満たされてしまいました(笑)

更新してなかった完成現場です。広・江田島・熊野などエリアはバラバラでしたが、無事

年内に完了しました。

3分艶シリコンで塗り替えた現場です。約20年ぶりに再依頼頂きました。本当にありがとうございます。感謝です。

同じく3分艶シリコンで仕上げた現場にです。景色最高の現場でした。みかんをたくさん頂き、本当にありがとうございました。

12月着工の現場

なかなか貴重な体験で、和風住宅の塗り替えを致しました。同業者から紹介頂いた仕事です。和風住宅の塗り替えも塗装屋の仕事です。

漆喰壁へは、防カビ塗料を塗装。木面にはベンガラ系木部塗料を塗装。

純和風建築の塗り替えも、今では材料が豊富ですので、きれいにされたい方は是非ご相談下さい。

ハウスメーカーの建物の塗り替えを多彩模様塗料にて施工。ハウスメーカーの建物は、一般的な工務店の建物よりも、意外と大変だという事は職人から聞いていましたが、自分で体験すると、何がどう大変なのか?がよ~く分かりました。とりあえず、この現場は「養生が半端ないって!!」でした。あと、テープを貼る位置が普通のサッシよりも、微妙にめんどくさい形をしています。

多彩模様塗料は、ネオフレッシュティアラを使用しました。この材料はかっこいいですが、模様付けの材料は、「もうちょっと安くならんかな~」と節に願います。まずはエアレスで塗料を吹きつけ、ベースの色を塗ります。カタログに使用機械はエアレスとは書いていませんが可能です。エアレスの方が、ガンを持っていくだけなので、細かい所まで色を吹き付ける事が可能です。それでも難しい所は刷毛で塗るしかないです。

模様付け時です。この面は、これでも微妙に足場が壁に近いです。手塗りならともかく、カップガンで吹く場合、もう少し離して組んでもらう必要があるわけです。
さらに言いますと、足場屋に理解は難しいのかもしれないが、上の写真のように、職人が立っているすぐ頭上に、幅の広いアンチ(足場板)がある場合、このようなカップガンで吹付時は、カップが上のアンチに当るので、普通に作業ができないわけです。吹付は、できる限り塗布面と平行に吹くべきなので、職人はイライラしまくりでした(^_^;)

模様付け後の状態です。上品でかっこいいです。
ネオフレッシュティアラは、VS・・・シリコン VF・・・・フッ素 VM・・・・無機 と3種類の成分の塗料があり、フッ素と無機は、普通の塗り替えの間隔からすると、手が届かないくらい高価になるので、販売店もVSのシリコンまでしか出ないと言っていました。VSでも1缶が高級シリコン塗料よりも明らかに高価な上に、使用量も普通の塗料の半分~それ以下しか伸びないわけですから「クソ材料高っ!!」と思うわけです。
建物が大きければ大きいほど、その差額は大きくなってきます。

そして、2020年は呉市川尻から着工しています。


それではっ!!

目次
閉じる