セメントフィラー吹き / 広の現場完了後

広の現場でセメントフィラー吹きを行いました。
フィラーには、色んな種類があり、一般のお客様でも微弾性フィラーという材料は耳にする可能性はございますが、下のようなセメント系の材料もフィラーの一つなのでご紹介。

その前に、この現場はコンクリートの建物で、壁にモルタル左官仕上げをされており、その上に玉吹き仕上げを行われている状態でした。数十年の月日で、その塗膜が一部浮きまくっている状態でして、この度は高圧水洗浄でほとんどの塗膜を剥がしきってしまいました。

洗浄を行う前の既存の状態

剥がしきった上に、塗装を行っても、その粗は消えず、そのまま表れてしまいますので、セメントフィラーという材料で、厚みを付ける事で、剥がせなかった塗膜と剥がした塗膜の段差を少しでも解消することに繋がります。

こういう感じです。ローラーでは厚みが付かないので、吹き付けるしかないです。

吹き付けた後、しごきを行っていきます。できれば、こういう下地の場合、どのくらい剥がれるか?が施工前は未知数ですが、こういう工程を行わず左官屋を入れて小手仕上げを行えば尚良いのですが、工事の途中に都合よく左官屋が空いているわけもないし、こちらもその間、手待ちになるので、別の現場に中途半端に着手するわけにもいかないので、できる事は自分でやるしかないのです。

これらはもちろん、見積には含んでいない工程ですが、こういう状態になってしまった物は仕方が無いので、少しでも良くする為に自社が勝手に追加した工程です。別に追加で費用を頂きも致しません。良心店なので(笑)

セメントフィラー吹き前の工程ですが、この度は窓廻りのシーリングも打ち替えました。というのも、元々シーリング材ではなく、目地棒のような物を詰めているタイプだったので、シーリング屋もカッターで剥がすわけにもいかないだろうから、もう自社で全て行いました。

窓廻りがシーリングではなく、硬い目地材になっている状態。

地道にハンマーで叩きながら除去。

シーリング打ち後。サッシ下の面台シーリングは、外壁塗装完了後に行います。最初から行うとホコリやらが付いて汚くなるし、養生がくっつく時があるので、今回のように自社で行えばそういう融通も利きます。

現在は、シーラーを塗ってから、マスチックローラー仕上げを行い、仕上げ材2回目まで着手している所です。

こういうマスチック仕上げを行うと、このような凸凹を付けて壁に微弾性の膜を覆う事ができます。但し、一番最初に行われている吹付の玉の模様の方が圧倒的に大きいので、仕上がり後離れてみた感じでは、手塗りの模様はおそらく目立たないだろうと思います。

話は変わり一つ前の現場の完成後です。

無機塗料と付帯部にフッ素の仕上げを行いました。塗り替え前の元のサイディング色を塗料で再現した感じです。

細かい部分の仕上がり。付帯部位にフッ素を使用すると、艶が控えめなので上品に感じます。

細かい施主様から、「満足している」とのありがたいお言葉を頂きました(^^♪
こちらこそ、ありがとうございました。

目次
閉じる