郷原・呉市内・天応で塗装工事完了

前回の続きになります。
呉の現場完成後です。

前回は骨材系の塗装仕上げでして、その時の色の再現を、この度は着色塗装で行い、少し明るいイメージにして生まれ変わりました。

アクセント部分がおしゃれに決まっています。3分艶の塗装仕上げです!!
お施主様も色合いに、ご満足頂けたようです(^^♪
施工させて頂き、本当にありがとうございました。

次に施工させて頂いた現場はこちらになります。

塗り替え前(ビフォー)


施工中


塗り替え後(アフター)
付帯部位は、大工工事を行い欠損を修繕しました。


屋根の塗装完了後

「色」の選択に非常に悩まれており、当店のこれまでの完成現場を車でご案内させて頂きました。その中で「これだっ」とくるものがある現場がたまたまありまして、その色を外壁に使用しました。付帯部位は、当初「黒」の予定でしたが、当店で扱う付帯用の焦げ茶色は、一般的に扱うニューコーヒーブラウンより圧倒的に濃い色を使っているので、その焦げ茶色の方が合うのでは?と考え工事中にお勧めさせて頂きました。結果、付帯も焦げ茶にして正解だったと、ご満足頂きました。

私がチラシを手撒きしている時に、外にいらっしゃったお施主様と偶然会い、お話しさせて頂いた事から、即見積のご依頼を頂き、この度施工させて頂きました。本当にありがとうございました(^^♪

次の現場です。もうじき完了予定。

高圧洗浄時。

完成前の状態。付帯の塗りが多すぎて、大変でした。
久しぶりに、セラMシリコンⅢを使用。初めて、シープラも使わせて頂きました。

そして次が今年最後の現場です。

9年前に当店で施工させて頂いたのですが、濃い焦げ茶(特注色)を塗装したのもあり、異常に正面が白けてしまい、この度当店に再度ご依頼頂きました。この現場は、日当たりが良すぎて、正面は一日中日当たりが良い現場ではあります。
前回は足場も自社で組み、シーリング工事も全て自社で行いました。しかし、シーリングも避けているおらず、塗料の顔料だけが持たなかった事を悔やんでいます。前回使用した弱溶剤2液シリコン塗料は、もう当店では完全に封印しました。今回はリベンジです。
溶剤の方が水性よりも持つと言い切れないという事です。

高圧洗浄時。
屋根も全然問題無いです。前回のタスペーサーもキッチリ挟まっております。

今年は、毎日「コロナ」のワードを最低でも10回以上は耳にする、頭の痛い年でしたね。
来年もこんな感じで続くんですかね~。やれやれです。
年内、あと1回更新するかもしれないし、しないかもしれないです。

目次
閉じる