広の現場完了後

しばらく更新していませんでしたが、前回の続きからです。

石材調(スキン)塗装の現場の完成後です。

石材調は石の粒を吹き付けた仕上げですので、どんな透湿性の高い液体のペンキを塗るのよりも、スキン塗装の方が圧倒的に透湿性は高いです。だから、モルタルの和風住宅で、カビやコケが生えやすい立地で無いなら、お勧めなのですが、今やサイディング全盛期の時代なので、なかなかこういう施工をする機会は少なくなってきました。


完成後です。外塀は防カビ性の高い艶がほぼ無い塗料にて。フェンスも新たに取り付けていい感じです。

こちらはサイディングの現場の完成後です。


塗料で濃いめの色は、色褪せ易いのはお決まり事なのですが、濃い色を塗ると薄い色よりもやっぱ良いな~と感じてしまうのは何故なんだろうか?(笑)



この度は、軒天と外壁を同色で施工させて頂きました。雨樋と破風も奥までキッチリ塗装しております。



よくあるご質問で、サイディングを一色で塗り替えるとどんな感じですか?と聞かれますが、こういう感じです。
と参考に見て頂きたいショットです。そして、艶有りとは、こういう感じです。
この度は、水性塗料を使用しておりますが、溶剤塗料の場合はもっとピカピカに輝きます。その輝きを好む?好まない?はお客様方の感性による所なので、当店ではお客様に艶の事は確認するようにしています。
付帯部位はフッ素塗料にて仕上げました!!

どちらのお宅でも、今年は特に雨がよく降り、工事期間は長くなりましたが、本当に親切にして頂きありがとうございました。

目次
閉じる