呉で施工完了の現場

呉の人間からすると、呉というのは呉市内方面の事を指して言います。
言ってしまえば、焼山だろうと音戸だろうと阿賀だろうと、広だろうと、全て呉と言えば呉なんですが「呉と言っても色々あるでしょ」という感じで、私の中で分かり易い区分けをしているつもりです(^-^;

この度はお隣同士で同時施工をお考えられの現場でした。ただ、塗装部位が異常に多い事と、足場を組むにも車の問題や、同時施工であっても同じ色で施工ではない事や、足場が重なる部分も微妙だった事から、「一棟一棟施工させて下さい」と当店からご相談させて頂き、ご了解頂きました。


足場仮設後です。7月後半くらいの現場です。
最近は、道路使用等の許可は私自身が行うようにしています。今年はもう3回出させて頂きました。慣れればわけないですが、自分で行う方が費用が掛かりにくいので、できるなら足場業者に任せっきりにせず、努力してみようかと思っております。

高圧洗浄です。もし2棟同時施工だったら、洗浄は一日で2棟できるかな~と考えていましたが、実際にはどちらのお宅も外壁・屋根・外塀とあるので、一棟を2台の洗浄機で洗浄しても、ほぼ丸1日掛かりました(^-^;

シーリング工事中。

足場の解体中。

完成後。


そしてお隣の現場を足場仮設。結局、敷地をまたぐ部分があったので、一度解体してからでないと隣の仮設が難しいのもあり、足場屋さんはかなり大変そうでした。

いきなり完成後ですが、こちらの真ん中の帯部分だけは、当店のセンスに任せて頂けるとの事で、自社で提案した色になります。上下とのバランスを保つには良い色だと思います。

完成後です。

2棟の完成後です。その昔、K様M様のどちらのお宅にも、私はチラシを持って伺わせて頂いた事があり、特にM様は10年くらいまでに一度、お近くの当店の施工現場にまで足を運んで頂いた事があり、そういった経緯や出来事を覚えていて下さったのもあり、施工させて頂きました。
梅雨も終わったというのに、雨が結構降り、非常に工事が長引きましたが、とても協力的な方々で本当に感謝しております。ありがとうございました。

目次
閉じる