toggle
呉市の塗装店

水性と油性について

塗料には、水性塗料と油性(溶剤系)塗料があります。
それぞれに、塗膜や見た目の特徴がありますので、下記にて説明しています。主に3種類に分類されますが、塗り替えで使用するのは、主に水性と弱溶剤とお考え頂ければと思います。

水性塗料 水性塗料とは、水で希釈して使用できる塗料になります。
溶剤より、臭いがあまりしない事と、環境に対しても良いという特徴があります。
(水性塗料のメリット)
●塗料自体に、肉もち感があり、溶剤よりも塗膜が柔らかいので、基本的には柔軟性のあり、劣化しても最終的に膜が残るという特徴があります。
●塗装面をピカピカに光らせたくない人や、艶が無い方が良いという方は、水性自体が溶剤よりも輝きが無いので、お勧めと言える。
●水で希釈することで使用できるので、使い勝手が非常に良い。
●塗料の種類が下塗り材~上塗り材まで、非常に多い。
●飛散力が極めて低い。
●紫外線による色褪せ感が起こる面と、そうでない面の落差が溶剤より分かりにくい。
●特殊な性能を持つ材料は、ほとんどが水性。
(水性塗料のデメリット)
●基本的に塗膜が柔らかいので、傷が付きやすいとも言える。
●塗膜の撥水効果は、塗料の性能にもよるが、塗りたて時は、溶剤に分がある。
●表面の仕上がり感は、溶剤の方がきれいに仕上がる。(耐久力について)
一昔前は、水性は溶剤に劣るという傾向があり、その影響で、今でも水性を外部に使いたがらない職人はいますが、現在では耐久力に差はありません。但し、劣化の進行具合に、溶剤と水性では違いがあります。水性は塗りたて時から右肩下がりで徐々に劣化していく傾向がありますが、溶剤は艶持ちが良い分、最初は劣化が分かりにくいですが、艶が無くなったのを境目に、劣化速度が早くなります。
弱溶剤塗料 油性塗料には弱溶剤タイプと強溶剤タイプがあります。弱溶剤塗料は、塗料用シンナーで希釈して使用できる塗料です。塗り替えで、油性と言えば弱溶剤を使用するのが主流と言えますが、歴史的に言えば、弱溶剤は3種類の中で一番浅いと言えます。
(弱溶剤のメリット)
非常に艶持ちが良いので、超光沢をお求めなら弱溶剤をお勧めします。
●撥水性能が高く、表面がきれい。
●水性より密着が良いので、鉄部や塩ビ系素材にも適している。
(弱溶剤のデメリット)
●施工中に独特な臭いがする。
●飛散力が最も高いので、手塗りでも十分な配慮が必要になる。
●艶が無くなると、白けた感が強く表れる。
●溶剤は水性よりも肉持ちが無い分、サイディングのような表面が滑らかな素材に、ローラーなどで塗ると、ローラーの毛の付着が後で目立ちがち。
(耐久力について)
水性の項目でもご説明した通り、耐久力という意味では水性も溶剤も差は無いと言えます。溶剤塗料で耐久力を求めるなら、希釈してすぐ使用できる1液型よりも、現場で硬化剤を別に混ぜ合わせる2液型をお勧めします。
強溶剤塗料 油性塗料の一つで、強溶剤塗料とは、塗料用シンナーよりも溶解力の高いラッカーシンナーで希釈して使用できる塗料です。
(強溶剤のメリット)
●耐久力は高いが、塗り替えでは、前回の塗装を溶かしかねないので、現在で使われることは、ほぼ無いと言えます。
●強溶剤の下塗り材は、塗り替えでも使う場合がありますが、非常に付着力が高い。
●溶解力が高く、すぐに蒸発するので、飛散力は弱溶剤よりも低いと言える。
(強溶剤のデメリット)
●とにかく臭いが強くキツイ。
●塗り替えに向いていない。
●窓廻りに染みた塗料を清掃する際に、密着力が高いので非常に時間が掛かる。
●塗料の種類は、3つの中で最も少ないと言える。

塗り替えで使用する塗料は、現在ではおもに、水性塗料か弱溶剤塗料の2択となります。基本的には、環境やお住まいの方や近隣の事を考え、水性塗料を使用する割合が多くなってきていますが、どちらにしても付帯部分の塗りには、弱溶剤塗料を使用する事になります。どちらが良いか?は、お客様の求める優先順位が何か?という事から、当店では決めるようにしています。

水性と油性で値段差はあるの?

インターネット上には、「水性は安価で、弱溶剤の方が高価」という事を書いてあるページを見ますが、それは無知な人の意見としか思えません。
基本的に、水性でも弱溶剤でもグレードがあり、標準的な物は、水性も溶剤も同じような価格ですし、上級品でも、水性も溶剤も同じような価格の物があり、それがどの塗料メーカーでもそういう商品分けとなっています。メーカーによっては、水性上級シリコンが、弱溶剤上級シリコンよりも高い事だってありますし、よく耳にする材料が水性である事の方が多いです。もちろん、弱溶剤にも特殊な材料はございますので、どちらが優れているかどうか?で決めるような事ではないと言えます。