価格について

塗装工事価格について

看板犬のケンくんのアイコン画像看板犬のケンくん

ねえ、塗装工事費用っていくらくらいするものなの?

ひらっち代表のアイコン画像ひらっち代表

そうだね。
率直に言うと、現地調査しないと正確な算出は無理なんだ。
なぜなら、
立地条件や、既存の状態、あとお客様がどの提案を希望されるか?こういった情報が最低限分からないと見積価格の正確な算出は無理なんだ。

看板犬のケンくんのアイコン画像看板犬のケンくん

それはそうだろうけど、そんな硬い事言わずに、大体でもいいから参考価格でも教えてよ~。

ひらっち代表のアイコン画像ひらっち代表

う~ん。気持ちは分かるんだが、根拠も無く答えて、誤解されるのも嫌なんだよ・・・・・わがままなワンコだな~。

そうだな~。過去の例では、
30坪くらいの建物、モルタル外壁(145㎡)の塗装で、
足場+高圧洗浄+標準的な下地処理+養生+外壁は3回塗シリコン仕上げ+付帯部位も塗装して・・・・と、一通り全ての塗装を行う例で、
75万前後で提出した見積もあるよ。

もちろん、内容によりそれを下回る費用の仕事もあるけど、一般住宅を付帯部位までキッチリ塗装するのだと、どんな最短でも2人で10日前後くらいは掛かるので、割合からしてこれ以下だと、全体的な価格バランスが崩れ、会社経営が成り立たなくなるね。

詳しくは、施工実績のページにお客様の許可がある現場は価格を載せている例もあるので、参考にして頂ければと思います。

看板犬のケンくんのアイコン画像看板犬のケンくん

なるほど。
でもさ、よくチラシとかホームページみると、「○○坪○○円パック」とかって、安くできそうな事を書いている会社ってあるけど、そういう価格でできるものなの?

ひらっち代表のアイコン画像ひらっち代表

う~ん。一言で語れないんだがね。
そういうパック価格で施工と書いている塗装店にも、最低限の情報しか明記してないので、実際に計測すると費用が上がるという会社が多いのが一般的だろうね。

看板犬のケンくんのアイコン画像看板犬のケンくん

そうなの?

ひらっち代表のアイコン画像ひらっち代表

実際、平井塗装もチラシを出すことがあり、条件を細かく記載し、「○○万円~」という書き方はする。うちのチラシ価格は根拠はあるよ。条件通りなら、そういう内訳になる例で書いてるんだ。

他社のチラシも見るけど、うちより明らかに安い書き方をしている所はたくさんあるね。けど、そういう安く謳ってる会社と、相見積になり、契約後にお客様から聞く話だと、チラシと違い平井塗装よりも圧倒的に高い見積だったという例もザラなんだ。

もちろん、その逆もあって、○○パック価格とあり、本当に建物も見ずに、そのチラシ価格で施工する会社もいて、そういう業者と比べられると、うちが高く思われる事もあるだろうね。

でも、常識的な意見を言うと、○○坪○○円パックという料金設定で、本当にその価格で施工する。という会社は、普通の感覚の塗装屋ではないのは、間違いないんだ。

看板犬のケンくんのアイコン画像看板犬のケンくん

どういう事?

ひらっち代表のアイコン画像ひらっち代表

そもそも、外壁塗装工事は外壁を塗るわけなので、外壁の面積の算出が必要不可欠なわけ。なのに、建物を計測する前から、「坪数がいくらだから、いくらで施工します」というのは、あまりにもどんぶり勘定すぎるんだよ。

なぜなら、建物の坪数が分かれば、外壁面積が分かるというものではないんだ。

看板犬のケンくんのアイコン画像看板犬のケンくん

ええっ!!そうなの?

ひらっち代表のアイコン画像ひらっち代表

うん。下の図で、簡単に説明するね。

下の図は、平屋でどちらも30坪の家を、真上から見た図だよ。
同じ坪数なのに、壁の長さが違うんだよ。

坪数 面積

看板犬のケンくんのアイコン画像看板犬のケンくん

本当だ。正方形の建物は40m。長方形の建物は50m。
同じ30坪なのに10mも差があるじゃん。

ひらっち代表のアイコン画像ひらっち代表

そうなんだ。この上から見た図が、どちらも壁の高さが3mだったとすると。
正方形の建物・・・・40m×3m=120㎡
長方形の建物・・・・50m×3m=150㎡
となるよね。

こんな、外壁の単純な形状の違いだけで、30㎡も差が出るわけ。
外壁面積が違うという事は、足場を掛ける面積も違うわけ。
30㎡も違えば、材料の缶数も違ってくるだろうね。

看板犬のケンくんのアイコン画像看板犬のケンくん

おおお。本当だね。全然違うじゃん。

ひらっち代表のアイコン画像ひらっち代表

実際はこんなに単純ではないよ。
坪数に含まれないけど塗装面積に入る軒の出も建物により面積は様々だし、外壁以外の付帯部位もどのくらいあって、どのようなタイプか?により、施工に掛かる日数も変わってくるもんなんだよ。

軒の出(外壁から横に跳ね出している部位)
(上の写真では白い部分の面積)
雨樋や破風、胴差、幕板など、外壁以外に塗装する付帯の数や長さは建物により様々。
看板犬のケンくんのアイコン画像看板犬のケンくん

そうか~。坪数に含まれない軒の出がある家と、無い家でも、塗る面積が大きく違ってくるし、付帯部位に関しても、その数や長さ、塗りにくさによっても様々だもんね。

ひらっち代表のアイコン画像ひらっち代表

それだけでも、まだ序の口の話さ。まだまだあるよ。
外壁に塗装する材料も、トップコートの樹脂による違い(アクリル・ウレタン・シリコン・フッ素・無機など)だけでなく、下地調整材をどう使うか?とか、下地処理も簡易的なもので済む場合や、シーリングの打ち替えが必要だったりと、色々複雑なんだよ。

だから、仮に外壁の㎡数が分かっていても、それに単価いくらかを掛ければ出せるという、単純な問題ではないんだ。

看板犬のケンくんのアイコン画像看板犬のケンくん

そうか~。それなら尚更、建物も見ずに、「○○坪で○○円パック」で本当に施工するのは、変な話だよね。

ひらっち代表のアイコン画像ひらっち代表

そうだね。だから、もし本当にパック料金で安さを売りにしているなら、スピード勝負で、その分、数をこなす事で、それが可能になっているとか。

または、施工する人がアルバイトや、新人なら単価も抑えれるかもしれないし。もしかしたら、材料も少なく済んで、早く塗れるよう薄めてるかもしれないのよね?本当に仕上げ材も2回塗るのかも分からないよね?というように激安を追求すると内情は分からないけど、何かのカラクリが無いと、同じ直営店同士で、仕様が同じ、しかも一般住宅サイズで、パック価格だから20万も30万も安いなんて、どう考えてもおかしいよね。

看板犬のケンくんのアイコン画像看板犬のケンくん

なるほど。

ひらっち代表のアイコン画像ひらっち代表

それに塗装工事はね。スピード勝負に向いてる仕事ではないんだよ。
乾燥待ちとかあるわけだから、人数が多すぎても早く終わる工程ばかりではないんだよね。

看板犬のケンくんのアイコン画像看板犬のケンくん

そうなんだね。

ひらっち代表のアイコン画像ひらっち代表

塗装の難しい所は、仕事の細かさがお客様に伝わりにくいってのも、そういう要因を作ってるんだろうね。

例えば、素地をサンドペーパーで傷をつけてから塗装しようと、その工程を省いて、いきなり塗ってしまおうと、完成時の見た目では分からないし、年数が経って劣化した頃に、その手間の差が表れたとしても、比較する対象も無いし、それがお客様が分かるレベルの話なのか?という問題もある。

塗装のラインを直して綺麗に仕上げるのが当然と考える塗装屋もいれば、そんな事大して問題じゃないと考える塗装屋もいる。

そんな細かさが山ほどあるんだけど、そこまでお客様に理解はできないだろうし、ネットで情報調べただけで、そんな手間の差が分かるわけがないんだよ。

看板犬のケンくんのアイコン画像看板犬のケンくん

じゃあ、激安店も人によっては需要があるわけだね。セオリーや難しい事はどうでもいいから、安くできるならそれで良いという人もいるわけだからね。

ひらっち代表のアイコン画像ひらっち代表

本来仕事ってそれじゃいけないんだけど、ケンちゃんのいう事も一理あると言えばある。
お金社会である以上、様々な業者・お客様がいるわけで多様化する考えやニーズがあって当然と言ってしまえば、それまでだからね。

看板犬のケンくんのアイコン画像看板犬のケンくん

ふむふむ。

ひらっち代表のアイコン画像ひらっち代表

だからね。価格はいくらくらいとか一概に言いたくないんだよ~。
だけどね、うちのチラシに参考にでも価格を載せているのは、素人の方に「参考でも載せておいたほうが目に留まるよ」とアドバイスされた事からなんだよ。
その代わり、「○○○○という条件で、○○万円~」という書き方はしてるよ。

看板犬のケンくんのアイコン画像看板犬のケンくん

なるほどね。おかげで、よく分かったよ。
価格が知りたいなら、遠慮せず見積するべきだね。

ひらっち代表のアイコン画像ひらっち代表

本当にその通り。
見積やご相談は無料ですし、しつこい営業をする気も全く無いので、是非お気軽にお問合せ頂ければと思います。

上記での価格の話は、あくまでも直営店同士の設定で話をしています。

もしも、お客様がハウスメーカーと、直営店で相見積された場合、直営店が高価なフッ素仕様で提案したとしても、ハウスメーカーの標準的なシリコン仕様の方が、高いという事もあり得ます。
自社施工店と中間業者を挟む会社との見積を一緒の土台で考えると、価格の差の意味が見えづらくなりますので、そこら辺の見極めがある上で、安い?高い?の比較をされるのが良いと思います。

◆直営店とそうではない会社の違いについては、こちらのページをご覧下さい。