よくあるご質問

よくあるご質問

一般的な質問

一般住宅の塗り替えでは、実質的に平均10日前後~2週間くらいとお考え頂ければと思います。

ただ、塗装工事は天気の影響される仕事です。
足場仮設や高圧水洗浄は、雨の日でも作業できますが、それ以外の作業は天候の程度にもよりますが、現場入りできない事もありますので、それにより延びる可能性はあります。

また、塗装工事期間は、1日何人で仕事するのか?にもより変わってきます。

例えば、お客様が2社に見積依頼し、それぞれの業者に工期は何日くらい?と聞いたとします。
A社は10日くらいです。B社は20日くらいです。と違いがあったとします。だけど、これだけで日数が多くかかる方が安心という事にはなりません。

内訳は、A社は毎日2人平均で10日と言うなら、大体20人工くらいの仕事だと分かります。B社も、1人で施工し20日間と言うなら、大体20人工くらいとなり、どちらも見積段階で内容はほぼ同じくらいだろうと判断はできます。

当店の考えでは、1日2人平均で施工し、時々3人の日もあるというような施工が一般住宅では理想だと考えています。
なぜなら、もし1人で20日間くらい掛かる予定なら、雨の降りようによっては一か月掛かる可能性もあるからです。

ただ無駄に長い工期は、経験上お客様の方が疲れてしまうので、工事期間は長ければ良い物ではないと思います。

はい。もちろんです。何でもお気軽にご相談下さい。

瓦棒だけの塗装や、鉄の一部分的な塗装、内装の塗装でしたりと、小さな事から迅速に対応しています。

はい。当店が行いますのでご心配は無用です。

たまに、お客様のご希望で一緒に回りたいという場合もございますが、それも可能です。

正直な話、良い業者の定義は、お客様の心理ごとにより様々だと考えられます。
最初に言いますが、質問自体が愚問なので、意味の無い回答となっています。

まず、塗装工事の依頼に際し、お客様方の大まかな思考パターンを例として6つ挙げてみました。

  1. 細かい事は一切気にしないのでとにかく安ければ、安いほど良い。
  2. 10年持てばいい
  3. 金銭面も重要だけど、一般的な事はしてくれる上で、安さを追求したい。
  4. 高耐久塗料を使い、値段は安い方がいい。
  5. 普通に建物の事を考えて、ごく適正と判断できる仕事をしてもらいたい。
  6. 良い材料を使って、とにかく長持ちさせてほしい。

上の心理で例えれば、①の安さ最優先の方には、当店は相見積されれば、負けてしまう可能性はあります。
なぜなら、世の中には「〇〇坪で60万円パックで施工」・・・・というような価格先行型の業者もいて、明らかにその価格では無理だろうという現場でも、とにかく仕事を終わらせる業者もいるからです。

当店もできる限りお安く提案したい気持ちはありますが、それは自社の仕事内容を曲げない上での話であり、世の中にはどうやってるか知りませんが、明らかな安売り業者もいるからです。

①の心理のお客様にとっては、4社くらい見積した中の一つが当店だったら、建物の事を考えて適正に見積を出しても、「高い」と判断されるだけかもしれません。そういう方から見たら、当店は良い業者の枠に当てはまらなくなってしまうかもしれません。

もし上記だったら、当店は②~⑥の心理の方には、相性が良い可能性はあります。

「どの塗装屋がダメ」で「〇〇が良い」という物は、ある意味価値観ですし、お客様が何を信じ、どう思うかによると思います。
一般的な職人が「あの仕事は???」と思う仕事内容しかしない業者でも、「この値段でこれなら納得」というお客様もいるわけです。

逆に「失敗しない塗装業者選び」という資料をお客様に渡す業者も星の数ほどいますが、見方を変え、仕事する立場からすれば「その考えも偏った意見では>」と思う物もあれば「仕事の質に関する事は一切書いてない」みたいな物も多く、結局、そういうツールも自社に否が無い形の物をただマニュアル化しているだけに他なりません。

それがあれば安心と言う物でもないわけです。でも逆に、それでお客様が安心と思うのなら、それも正解かもしれません。

少し見方の違う意見を言いますと、実際に仕事をする職人目線からすれば、そういうマニュアルなどは何の意味も無いと思うわけです。

分かり易い例では、トップコートの2回塗りと書いてあり、実際の仕事後に下地が透けた仕上がりであっても、それはマニュアル通り2回塗ってるから、問題無いとするのかという、積もる話をしていくと、そういう話にまで遡るからです。

だから、職人であれば、「はっきり言って、施工する職人次第では?」という事だけになるわけです。

それこそ、いくらいい事ばかり言っても、そういうツール上の話よりも、「自社施工かどうか」の方が大事なのでは?と職人なら思うはずです。

良い事ばかりいって、あれだこれだと提案してきて、それが他よりも結構高い見積を提出する業者がいたとした時に、それなら良しと思うお客様かはたまた、そこまで色々すれば高いに決まってるし、そこまでする必要性は無いと判断するお客様もいるでしょう。

極論は、良い業者とは?という事をお客様が追求したいのであるなら、気になる業者に見積してもらい、そこで納得いくまで話をして、どこかで自分の中で折り合いがつく部分を見つけれるかどうかしかないと思います。それがお客様にとっての良い業者に当たるのではないでしょうか?

当店はそういう物でしか、判断材料は無いと思います。

人によっては、派手な宣伝や、ニコニコした職人、営業的な匂いがプンプンする物を、徹底的に嫌うお客様もいるわけなので様々なわけです。

はい。可能です。
板金工事や電気工事、左官工事や、大工工事、タイル張り工事、サッシ取り換え、クロス張替え、ガーデニング工事など、あらゆる事に対応できます。

はい。大丈夫です。
基本的に移動時間2時間くらいまでをエリアとしていますので、お気軽にご相談下さい。

地元の呉市以外での施工実績は、東広島市、江田島市、安芸郡、廿日市市、広島市佐伯区、広島市安佐南区、広島市東区、広島市西区、広島市中区、広島市安芸区など・・・・
幅広いエリアで直営施工の実績もございますので、ご遠慮は一切不要です。

東方面は、竹原市、三原市へも迅速にお伺い致します。

直営とは、塗装工事を依頼した会社自身が、お客様のお宅を施工する事になります。
ですから、本当に掛かる塗装工事金額そのままを、お客様に提出することが可能です。要は無駄がない見積になります。

ごくごく当たり前の事ですが、世の中の塗装工事全体の半分以上は、まだまだ直営施工ではないケースの依頼の方が多いのです。
つまり、依頼した会社が本当の施工店ではないという事です。
それを重く受け止めるか、そうでないか?はお客様次第ではあります。

直営の仕事以外は、全て下請け依頼の仕事となります。

分かりやすい例で言いますと、ハウスメーカーや大型量販店、飛び込み営業して営業マンしかいない会社など、これらに塗装工事を依頼すると全て下請けの別会社が施工している事になります。
場合によっては下請けの下の孫請けの仕事の場合だってあります。
だから、一般的な見積よりも3割からその倍以上に費用が高いわけです。それらをマージンと言います。

人によっては、それをボッタクリという人もいますが、元請け会社の儲けも必要になるので、致し方がない事とも受け取れはします。

工事中に関する質問

作業中に、念の為にでも車カバーをかけさせて頂く事はあります。
車カバーはご近所の車にもかけさせて頂く場合は、挨拶回り時に、当店からその旨をお話致します。

敷地条件によっては、外で干せる可能性はありますが、基本的にベランダは作業中は干せないとお考え下さい。

1日の作業完了時間は、17時くらいまでなので、それ以降なら干すこともできますが、外壁塗装の工程に入ると、17時以降も厳しい場合がありますので、基本は部屋干しか、日曜日は干せるようにするか等と、できる限り不便が無いように考えることは可能です。

また、もし庭に干せるスペースがあっても、足場から物干しの距離が近い場合は、足場からホコリなどは出ていますので、あまり気持ちの良いものではないと思います。

基本的に、日曜日は工事を休ませて頂きます。
但し、平日が雨で潰れた場合は、日曜日でも現場入りさせて頂く事もあります。

ベランダの上や、壁面沿い、または駐車場にポリカーボネートや波板が張ってあるお宅は非常に多いです。
足場を組む際に、そういったポリカや波板等があると組めない場合は、基本的に取り外しを行います。

ただ、現場の条件や足場の組み方によっては、一切取り外さず施工できる場合もございます。

取り外しが数枚程度の場合は、当店では自社で取り外しを行い、場合によりサービス程度の事もございますが、枚数が多かったり、取り外し・取り付けが難しいような場合は、見積に費用を計上させて頂く事もございます。

外部の塗装に関する工事でしたら全く問題ありません。
逆に、室内の塗装を行う場合でしたら、家にいらして頂くほうが助かります。

ページトップ