toggle
呉市の塗装店

一括見積サイトとの違い

最近では、一括で数社からの見積が可能な一括見積サイトという物がございます。
一見、便利が良く、それっぽいワード(例えば、「外壁塗装 広島」「塗り替え」など)で検索したら、ページの一番最初の方にそういったサイトが目立つので、ついつい利用したくなる気持ちも分からなくはありませんが、一括見積サイトを通せば、どんな形であれ中間マージンが発生しています。

まず、一括見積サイトとは、どういう物かと申しますと、お客様の情報を入力するだけで、一気に数社の塗装店からの見積が取れるというものです。
いつからか「とりあえず3社は相見積しましょう」という言葉が広まってきましたが、言ってみれば、IT系の会社が作成した便利の良い一括見積サイトを利用してもらう為に、広まった言葉かと思います。まさにそこを突いた最先端のビジネスと言えます。当然、ビジネスなので一括サイト側は、それを利用して必ず儲かる仕組みとなっています。
誰にでも目に付きやすい位置(ページの一番上の方)にサイトが表示されていますが、これには実は膨大な運営費が掛かっています。しかも、それが全国どの県でも表示されるというものですから、とんでもない費用です。その費用が、どこから生まれるかと言えば、塗装屋を下請け化したシステムだから、それが可能となります。

お客様が、一括見積サイトを利用し依頼すれば、次はサイト側から、登録している塗装店に紹介され、その時点で塗装店はサイト側に紹介料を払うタイプの物もあります。また、契約に至り施工したら、工事代金の何割かはサイト側に支払う義務が生じるので、結局そのしわ寄せは、利用者であるお客様方に影響してくるという事になります。つまり、お客様には見えないだけで実際には中間マージンが発生しており、紹介を受ける(サイトに登録している)塗装店はそれを承知の上での見積を提供せざるを得なくなります。

また、こういった一括見積サイト側は、紹介はするけど工事には一切関わらず、責任は全て塗装店任せとなります。お客様に紹介する塗装店も厳選しているわけではなく、サイト側に登録さえすれば、どの塗装店でも一括サイトを利用できるものばかりです。中には、塗装優良店を厳選しているというサイトも見かけますが、実際は全く塗装とは畑違いの営業マンが面会するだけで、仕事も見てないのに何をどう厳選しているの?とも言えるので、無責任な部分もあります。

さらに一括見積サイト側で紹介される塗装店の多くは、すでに自社のホームページを持っている塗装店であることがほとんどです。なぜなら、一括見積サイト側はネット検索すれば、全国に表示させ、全国のお客様を相手にしています。それなのに、どの県から依頼があっても対応できるように塗装店を紹介するには、手っ取り早く塗装店を見つけれる、すでにホームページを持つ塗装店であるに越したことはないからです。という事は、お客様方は、わざわざ一括見積サイトを利用しなくても、インターネット検索で、すでに見つけれる塗装店がいるのに、あえて一括見積サイトを通す事により、実質は高額な買い物をしているのと同じという事になります。または、見積価格は下がって得したように見えても、実際にはそこまで手を入れれない下請け内容の仕事で、請負されているという事になります。
一括見積サイトを利用するという事は、言ってみれば「代行で何社か見積取るけど、その分マージンが発生しますよ。」と言っているような物と言えます。