toggle
呉市の塗装店

当店について

3代続く、家族経営スタイルの塗り替え専門店

平井塗装は、3代続く塗装店で約50年間塗装一筋で経営してきました。
平井塗装が設立する前は、初代(祖父)は呉の色んな塗装店や工場での仕事をしていました。当時は、仕事がたくさんある時代だったので、色んな会社に勤め仕事に困る事はなかったようです。その後、人の下で働く一人の職人としてではなく、一人親方として初代が38歳の時、個人店を作ったのが平井塗装になります。会社を作った後も、ある工場での仕事を下請けとして任されて働いていました。その後、平井塗装の2代目となる父と、伯父も同じように工場で仕事をするようになります。昭和62年には、当時勤めていた工場の経営状況もあり、仕事を辞めざるを得なくなります。それから本格的な建築塗装への道を歩む事になり始めます。

まず、会社を自分達で経営するには、営業がいなくてはいけません。その役目を伯父がすることになり、現場は祖父と父が主に担当していくようになりました。但し、工場での金属系の塗装ばかりしていた為、当時は建築の塗装に関しては素人でした。だから、試行錯誤を重ねて苦労していたようです。
その結果、2代目である父が吹き付け塗装から足場の組み方、防水工事まで独学で学び、色んな建築業者の下で下請けとして腕を買われるようになり、安定した経営ができるようになってきます。また、当時二十歳で平井塗装に入社した若い職人も加わり、主に4人で仕事をするというスタイルに変わってきます。

当時は、下請けのさらに下の仕事(孫請け)が多く、新築の建物にリシンやスキン、タイル吹き付けばかりで、月に20棟以上(新築)をこなす日々も普通の事でした。ほぼ、一日半で一棟のペース(当時は新築ばかり)になります。それでなければ、赤字になるような仕事ばかりでもありました。とにかく、がむしゃらに仕事をしてきたので、残業は当たり前、休み無しで仕事をしたりというのは日常的でした。

時代は流れバブルが終わると、多くの建築会社が倒産してきました。
平井塗装は、その後、会社から直の下請けの仕事をメインに行うようになり、仕事のスタイルも変わってきました。
今までの経験を生かし、そこからより手間を入れた仕事を行うようになります。
やがて祖父は現場を引退する事になり、その頃には、平井塗装3代目の弟も現場である程度、仕事もできるようになってきました。2009年頃には、さらに時代の流れも変わり、会社から直の下請けの仕事でも、手間を入れた仕事は本当に厳しい事が多く、その頃、私(ホームページ作成者)も実家の仕事を継ぐことになります。
以後平井塗装は、自社が直接お客様からご依頼頂く仕事に力を入れ始め、現在は、施工後のお客様からご紹介頂いたり、業者から直接ご依頼頂く事もありますが、地域の方々の支えもあって、経営が成り立っています。

 

直営施工が9割を超える塗装店になるまでの苦悩とこれから

ホームページ作成者である私自身が、平井塗装の仕事を行う前は、大学卒業後、普通にサラリーマンをしていました。そんな私が、実家の仕事を継ぐようになったのは、父から相談されての事です。その背景には、下請け中心の仕事をしていた平井塗装も、付き合いのある元請け業者の減少や、なかなか単価の合わない仕事も多く、そんな中での経営が非常に苦しくなってきた事からでした。その現状を知り、私も色々と葛藤はありましたが、悩んだ末に実家の仕事を継ぐ事を決意します。

実家の仕事を始める事になった私は、まず塗装の仕事を知る為に、現場で作業する事から始めました。全くの素人だった私も、父や職人達と仕事をしていくことで、徐々に塗装の仕事を理解するようになってきます。

元サラリーマンで一番塗装歴が浅い私だからこそ平井塗装の中で、一番素人(お客様)的な感覚を持っているでしょうし、とはいっても現場でペンキを塗ったり、足場組み立ても行いますので、職人的な営業マンな所が自分の強みだと思っています。また、職人だけですと、あまり新しい材料や情報に鈍感ですが、私はその点の情報収集には非常に興味がありますので、平井塗装は、コテコテの職人+営業的な現場人間という組み合わせが、何となくバランスがいいハイブリッド感ではないかと今では思っています。

そんな私は、父から塗装の仕事をバリバリ頑張る事を期待されるよりも、平井塗装の経営の為に、知恵を絞る事に専念する事を期待されていました。それは、どうやって仕事を受注していくか?という事です。当時は、伯父が元請けとなる業者との付き合いを作るという守りの姿勢での経営でした。それで今までは経営できていましたが、当時は売り上げが足りない月もあったりと、経営に本当に頭を悩ませていました。

私はハウスメーカーで展示場営業を2年間行っただけの経験しかなく、決して優れた営業マンではなかったし、いきなり畑違いの分野で、塗装の営業って何をすればいいんだ!?という気持ちでいっぱいでした。とりあえず、伯父の真似事をしてみようと考え、業者廻りを行いました。不動産屋とか建築系の会社に、何度もチラシを作っては回ったりしましたが、やり方が悪いのか、効果はゼロでした。正直その頃は、世の中が全て自分の敵のようにも感じてきて、サラリーマンやってた方が良かったじゃないか。と悩んでばかりの日々でした。そうしていると、業者廻りをするのが嫌になって、頭がおかしくなったのか、とりあえず一般住宅を訪問していこうと考え、やけくそになって訪問を始めます。もちろん、そんな営業をした事は一切ないし、知らない人の家にいきなり訪問して塗装の仕事なんか取れるわけないだろ、と内心はそんな気持ちでいっぱいでした。ただ、一般住宅の劣化状況を見ながら、地元を足で回るという行為が最初はとても新鮮で、当時は20代中盤で体力もあったのもあり、山や坂の多い呉の地を自分の足で毎日休みなく、朝から晩まで回っていました。それは非常に勉強にもなりましたが、気が遠くなるほど先が見えず、もうどうでもいいや。という気持ちも常にありました。

CIMG1645 CIMG1646
当時のチラシです。ほぼ自己紹介の文章ばかりの白黒チラシでした。 2枚重ねにしていて、白黒なのに塗装実績を載せてたり、ひとり言コーナーなども取り入れていました(笑)

そんな活動をしている中で、やがて一筋の光が見えてきます。
その時は、以前当店が下請けである集会所を塗装させてもらった現場があり、それをネタにし近くを訪問していました。相変わらず手応えはありませんでしたが、ついにあるお客様と出会ってしまいます。それは、当店が施工した集会所を管理されていた方でした。ちょうど自宅も塗り替え時期というのもあり、集会所の塗装は良い仕事をしていると印象強かったようで、そのタイミングがぴったりだった事から、話を聞いて頂ける事になりました。その経緯から、それだったらという事で、初めて見積のご依頼を頂きました。本当に偶然の一致でした。
その日は、うれしくて、うれしくて、家に帰りすぐ報告しました。その現場は、私の初めての現地調査でして、次の日、父と一緒に現場を見て回り、その一週間後に塗装見本を作って見積提出をしました。結果、仕事をご依頼頂く事になり、私の初めてのお客様となりました。施工完了後、今までに無いやりがいを感じたのを覚えています。

それがきっかけとなり、訪問も無駄ではないのだと考え、とにかくがむしゃらに活動してきました。ただ、ポリシーがあり、よく聞く営業会社のようなしつこく、強引な営業は一切行う気は無く、とりあえず自分を知ってもらうような営業をしていこうと考え、その為、質よりひたすら数を回る努力をしました。
地元近辺を一軒一軒回るだけで、半年かかり、とにかく辛かったけど、努力の甲斐もあり、その1年目は7軒のお宅を当店で施工させて頂きました。その後も私には、これしかないと考え、2年目も雨の日以外はほぼ毎日、同じ活動を続けましたが、エリアも遠くなってきたのもあり、1年目と同じ7軒が限界でした。3年目になっても、まだまだ呉で回れていないエリアもあるので、同じような活動を続け、その年は色んな縁もあってか、15軒近く施工させて頂きました。今までに無い成果でしたが、この頃からこの活動ばかりで受注していく事に限界を感じ始めました。
塗装の仕事を選んだ以上、この道は生きてる限り続くわけだし、こんな一か八かみたいなやり方だけでは将来の展望は経たないし、どうしたらいいんだ!?と再び大きな壁にぶち当たりました。また、次の年は伯父も引退し、それにより営業対応は私だけとなり、という事は直接ご依頼頂くだけの仕事をひたすら受注し続けるしかなく、その重圧が全て自分にかかっているんだと思うと、おかしくなりそうでした。
その頃から、施工後のお客様からご紹介頂く仕事も以前より増えたり、昔の付き合いのある個人業者の方からのご依頼もあったりと、本当に地域に支えられて何とかその年を乗り切る事ができました。しかし、このままでいいはずが無いと思い、とりあえず積極的に異業種交流会に参加したりし、そういった出会いを繰り返す中で、色んなアイディアを頂きました。

現在ももちろん苦労は続きますが、とにかく自社を知ってもらう為に、できるだけ費用が掛からないようチラシを入れさせて頂いたり、ご紹介頂いたり、ホームページもできる限り費用が掛からないように自作したりと、個人店という一番塗装の仕事に手間を掛けれるスタイルを維持するために、日々試行錯誤しながら活動しています。

 

1 2
この看板があるのが自宅でして、ここから50m先を左に曲がった所も、当店の倉庫兼事務所です。 事務所と言うか、倉庫ですが (^_^;)
突然訪れられるお客様がいますが、当店は事務の人間がいる訳ではないので、ご連絡頂ければと思います。
3 4
当店は、自社で足場を組んで施工する事もあります。
5 6
 手塗りだけでなく、吹き付け工法など、多種多様な施工に対応しています(^_^)/~
7 8
ホームページを作成しているパソコンです。できる限り更新をしています。 外壁の色決めの際は、上のような塗装見本をお作りします。
カラーシミュレーションにも対応しています。

会社概要

会社名 平 井 塗 装
所在地 呉市広町田二丁目8-33
事務所所在地 呉市広町田二丁目8-47
TEL(会社用)
(携帯に繋がります)
0823-90-9055  ※年中無休で対応しています(*^_^*)
TEL(自宅用) 0823-72-5038
FAX 0823-73-3256
代表者 平井 友司
従業員数 4名
設立 1967年
企業理念  呉の地から、広島県を彩る
~塗装を通じ、地域の輪を広げていく企業を目指します~
事業内容 外壁塗装・屋根塗装・鉄部等付帯の塗装・シーリング工事・
防水工事
(建築塗装に関するものは全て当店で施工できます。)
一般住宅以外にも、部分的な塗装工事・アパート・
7階建てくらいまでのビルの塗装も可能です。
【塗装工事以外で対応可能な工事】
・左官工事 ・大工工事 ・板金工事(樋交換含む)
・給水設備工事・電気工事 ・内装工事
・ガーデニング工事 ・サッシ工事 等
主要取扱い
塗料メーカー
関西ペイント株式会社・・・(リフォームサミット会員)
日本ペイント株式会社
エスケー化研株式会社
水谷ペイント株式会社・・・(水谷ペイントパートナー施工店)
菊水化学工業株式会社
スズカファイン株式会社・・・(WB多彩仕上げ工法 取扱店)
日本特殊塗料株式会社
山本窯業化工株式会社
株式会社日進産業・・・(ガイナ(GAINA)取扱店)
株式会社ダイフレックス
日本塗装名人社専用塗料
資格取得 一級塗装技能士
二級金属塗装技能士
足場組立作業主任者
有機溶剤作業主任者
定休日 年中無休 (現場は日曜日休みです)
営業エリア 広島県全域
広島県内の塗装工事はどの地域でも対応致します。
広島県以外の場合でも、お気軽にご相談下さい(^.^)
※当店は、近所でも遠方でも、変わらない迅速対応をしています。

メンバー紹介

当店は、建物を一軒一軒施工していくスタイルです。
全ての塗り替えを、個性あふれるこのメンバーで施工させて頂きます(*^_^*)

平井塗装3代目 代表(現場・営業対応)  平井 友司  
 
得意分野 資料・ホームページ作り 足場の資材運び 建物の計測 塗料などの情報収集
苦手な事 養生(自分不器用ですから(-_-;)) 作り笑顔
趣味  ドライブ 食べ歩き 映画好き
自己紹介
お客様からお問合せ頂いたり、初見には、必ず私がお伺い致します。
主に、外回りで動いている事が多いですが、現場で施工する事もありますので、その経験を生かし、現場的な提案をさせて頂いています。
少し自己紹介となりますが、生まれも育ちも呉市広で、根っから地元人間です。
高校は、呉港高校を卒業し、大学は、広島工業大学の環境デザイン学科という建築分野の学科を卒業しました。卒業後は、大手住宅メーカーの子会社で、建築CAD積算というデスクワーク職を2年、ハウスメーカーで2年間営業職に携わり、現在に至ります。因みに1981年4月7日生まれのO型で、身長170です(^_^;)メンバーの中で、一番塗装歴は浅いですが、小さい頃から実家の塗装という仕事は、手伝っていた経験もあります。正直、自分がこの仕事に就くとは想像もしてませんでしたが、前々から父に相談されてた事もあり、時間は掛かりましたが、実家の仕事を継ぐようになりました。正直、サラリーマンとして働いていた時より、大変だと思う事の方が多いですが、その時よりもやりがいと、面白みがある仕事だと今では思います。
平井塗装在籍30年以上の職人  沢
 
代表からの一言
私が小学2年生くらいの頃から、父や祖父と一緒に働き始め、かれこれ30年くらい在籍のベテラン職人です。
得意分野 
オールマイティーに何でもこなす
主な資格 
一級塗装技能士(国家資格)
本人から一言
控えめな紹介で勘弁して!!
平井塗装3代目 職人 平井 佑太(弟)   塗装歴 約15年以上
 
本人からの一言
口数は少ないですが、仕事はお任せ下さい。宜しくお願いします。
得意分野  
マスチックローラー(手塗り)シーリング打ち
苦手分野  
養生
趣味  
車・バイクの改造、ゲーム、筋トレ少々
主な資格  
一級塗装技能士(国家資格)
代表から一言
私の弟ですが、現場歴は長いので、塗装に関しては私よりも先輩になります。
平井塗装 現場・事務担当   平井 誠子(母)
15 代表から一言
私が子供の頃から父と現場に出て手助け等しているので、養生等は得意分野であります。
得意分野 養生 塗料のネタ番 事務仕事
趣味  ドラマ鑑賞等

安芸郡熊野町出身です(*^_^*)

平井塗装の看板犬 ケンくん
代表から一言
何でも口に加える癖があります。当店の看板犬という事にしておきます。
朝の散歩は、私が毎日担当している、シーズー犬です。

主要メンバーの4人と1匹ですが、当店は昔ながらの塗装屋ですので、古くからの職人同士の付き合いもあります。よって、応援に来てもらえるベテラン職人もいますので、どんな現場でもお任せ下さい。