toggle
呉市の塗装店

外壁に穴が開く・水が染みこむ

サイディングの家に多いのですが、浴室の窓から、外壁側に水が伝い易く、外壁に穴が開いたり、欠損して水が染みこみ易くなっている現場がございます。下の画像のコーナー部分がその例です。

もう少しアップしてみると・・・・

こういう感じです。この部分は浴室の窓の外部でして、窓に結露する水などが流れ落ち、水切がついていないのでそれが壁に伝い続け、壁が水を徐々に吸い易くなり、温度変化の影響でも寒くなれば染み込んだり、流れ落ちる水分が凍結し、水の体積が増します。温かくなれば、水が溶けて無くなって・・・という繰り返しが染みこんだ壁の内部で続く事で、徐々にですが壁が壊れていき、放置しておけばどんどん穴が深くなっていくという、そんな現象です。
対処法は、欠損部は補修し、塗装で撥水性を向上させる。窓に水切りを取り付けて、水が伝い易い状況を変えてあげる事になります。


そんなわけで、当店ではこの画像のように、水切を取り付けて対応しています。

サイディング外壁に限らず、モルタルやALCの建物でも、同じような症状が起こっているようであれば、このような対応をするのがベストと考えられます。