toggle
呉市の塗装店

塗料の種類・耐用年数

使用する塗料により、耐久力にも差はございます。一般的な樹脂の種類と耐久力についてご説明致します。

塗料の種類
(樹脂名)
特  徴 樹脂の主な耐久力
/価格について
アクリル塗料 塗料の主原料は、アクリルが主となっています。
有機物を主とした材料。有機物は、炭素と水素の結合からなります。アクリルは、密着に優れ、非常に使い勝手の良いのですが、安価で耐久力が低いという欠点があります。
一般的にはこういったイメージですが、アクリルも様々で特殊な物もあるという話も聞いたことがあります。
基本的に、紫外線の影響を直接受ける外部には、最近では使われなくなってきましたが、アクリルでも、本当にしっかり十分な塗布量で施工すれば、そんなに悪い結果にはならないと言えます。
5年~6年

安価

ウレタン塗料 アクリル樹脂+イソシアネートで、ウレタン塗料が完成します。有機物を主とした材料。
非常に密着に優れ、艶も良い樹脂です。耐久力と値段からすれば、すごくバランスが良いと言えます。一般住宅向きです。ウレタンよりも、最近はシリコンという流れが強いですが、ウレタン最高峰の材料は、シリコンよりも良い結果を出す塗料もあります。
7年~8年

手頃(平均的)

シリコン塗料 ウレタン樹脂+シリコン樹脂で、シリコン塗料が完成します。とはいえ、シリコンの配合はわずかな物のようです。シリコン自体は無機系素材ではあります。
4つの樹脂の中で、最も汚れが付着しにくい特徴があり、光沢も一番あるのがシリコン樹脂です。ただ隠蔽性は一番弱いと考えられます。シリコンは、価格のグレード幅が広いので、安物扱いする業者もいれば、高級扱いする業者もいて、捉え方は様々です。シリコン塗料と名の付く塗料は、最も多いと言えます。
9年~11年

手頃~高価

フッ素塗料 ウレタン樹脂+フッ素樹脂で、フッ素塗料が完成します。フッ素自体も無機系素材であります。
フッ素は樹脂の中で最も高価で、シリコン程の艶はなく、一般的にはシリコンより汚れは付きやすいのが特徴ですが、耐久力は圧倒的です。フッ素は結合が難しいらしく、それもあってなのか、同じフッ素塗料でも価格差はかなり幅広いです。一缶当たりの値段がシリコンよりも高価なので、大きな建物であればある程、全体的な工事金額が大きく上がると言えます。
12年~15年
又はそれ以上を期待

超高価

無機塗料 無機塗料は、フッ素以上の耐久力を誇る材料と期待されている塗料です。
ウレタン樹脂+シロキサン結合を可能とした材料を、無機塗料と言います。無機塗料という言葉の定義が、各メーカー別に言えば、かなり様々ですが、一番最初に無機塗料を作ったメーカーによれば、別名シロキサン結合塗料と言っても過言では無いです。
無機物とはいつまでも変わらぬ形で存在し続ける、石とかガラスのような物を指します。塗料である以上、100%無機はあり得ませんが、無機の結合が塗料に30%含まれる物が、本来の無機塗料と言われています。最近では、無機とかセラミックという言葉をやたらと使いたがるメーカーも多く、本当の意味での無機塗料では無い物も多いと言えます。
因みに、昔からあるスキン仕上げ(大理石などの無機物を混ぜ合わせた仕上げ)は、無機塗料とは別物の話となります。
フッ素以上を期待

超高価

 塗料が全てとは言い切れない

上記で塗料の樹脂ごとに、耐久力差があるという事はお分かり頂けたと思いますが、それだけが全てとは言い切れません。何かと言いますと、十分な塗布量で施工しているか?という事も非常に重要という事です。アクリル塗料の項目にも記載しましたが、アクリルでも塗布量が十分過ぎれば、5~6年とは言わず、(条件にもよりますが)10年くらい経過していても、アクリルでも良い結果の建物もあるわけです。という事は、必ずしも高い材料だから良いというものではなく、建物の特徴を知り、お客様のご要望も踏まえた上で、適したグレードの塗料を塗装屋側が選択し提案してあげる事が大事だと思うわけです。その上で施工は十分な塗布量の仕事をすれば、それ以上の仕事は無いと当店は考えています。
例えば、「10年くらい持てばいい」というお客様に対し、ウレタン塗料で十分な塗布量で施工して持つなら、シリコンやフッ素を考える必要が無くなってきます。または、「長持ちさせたいけど、それよりも汚れが付きにくい方が優先」とお考えであれば、汚れが付きにくいシリコン塗料で提案してあげた方が、お客様のニーズに合っているわけです。

因みに、十分な塗布量という言い方をしたのは、この業界では、材料をできるだけ節約したがる塗装屋が非常に多いという事からです。「厚く塗れば良い物では無い」という事は誰でも言う事ですが、当店の間隔では大抵は薄すぎると思える事が多いです。確かに、塗料が垂れて流れるほど塗ればいいという物ではありませんが、ある程度思い切った塗り方をしない限りは、膜厚は付かずあがりが良くなりません。
例として、お客様は次のような事例を聞いて、どう思われますでしょうか?
高価なフッ素塗料でギリギリ4缶で足りるか微妙な感じの塗り替えをされる場合と、平均的なシリコン塗料でも5缶で十分すぎる塗布量での塗り替え、当店は後者の方が断然良いと思います。
フッ素クラスの高価な材料を使用する場合は、材料代で工事費用がグッと上がるのは必然的な事ですが、塗料が高いから・・・という理由で、全体的な工事費用が圧迫され、手間の部分が疎かになったり、材料が足りるか?足りないか?というギリギリの仕事をせざるを得ないようでは、本末転倒だと思います。

塗料が劣化する要因・条件

塗料が劣化する主な要因は、紫外線・酸素・水などと言われており、つまり自然界にさらされるだけで塗料というのは絶えず劣化していく宿命だと言えます。
建物も、どの家も同じ条件という物では無く同じ内容で施工しても、立地や環境により劣化速度は違ってきます。
下記は、よくある劣化の特徴になります。

●紫外線を受けすぎる建物・・・・日照時間が長く、ある一面だけが異常に劣化する面が出てくる。

●雨水が絶えず壁をつたう建物・・・・軒が無かったり、水の切れが悪い建物では、撥水性の低下が起こり易く、塗布面を再々水がつたい、色褪せし易くなる。

●濃い色や原色系の塗料を使った建物・・・・塗料は淡彩色(薄い色)が一番長持ちします。濃すぎる色や、原色系(青・赤・黄)の色の場合、顔料が紫外線で飛び易く色褪せが早くなる。

●下地が悪い建物・・・・下地処理や、下塗り材によりカバーできる物もありますが、条件が悪すぎる場合は、劣化も早くなる。

●地震や飛散物により痛みが生じた場合・・・・塗装後に塗膜面が割れ、そこが雨水などの影響を受けやすい場合、内部から攻撃され、塗膜に影響する事もある。

 

このような特徴をあらかじめ知っておけば、塗料の選択肢も狭まってきますし、それに対する施工を考えたり、対策するには、どうすればいいか?という事も導き出す事ができます。よって、当店では、見積の際には、お客様のご要望をできる限り把握するよう努力しています。