toggle
呉市の塗装店

塗り替えの目的・時期について

塗り替えの目的

●美観の向上
●素材に対する保護機能の為
●劣化部分の修繕の為
●建物全体のメンテナンスの為

塗り替えは、主に美観の向上が目的と思われるかもしれませんが、それ以上に大事なのは、塗り替えを行う事で、建物のメンテナンスに繋がるという事です。塗装工事とは、建物を塗るだけの仕事ではありません。
まず、足場を組みます。次に高圧で洗浄すると、目視では分からなかった劣化の発見にも繋がる事もあります。そして、下地処理という工程で劣化部分は修繕を行います。それから塗装を行っていく事で、より壁面の保護機能を高めます。さらに美観向上のために、付帯部位の塗装も行ったりと・・・それらを全て行うのが塗装工事と言えます。
一般的な塗り替え時期は、10年に一度というのが理想中の理想ですが、できれば15年以内に一度、どんなに長くても20年以内に一度の感覚でお考え頂ければ良いと、当店は考えています。

年数で、塗り替えを判断されるのも大事ですが、塗り替え時期かどうか?はご自分でもある程度判断できます。その判断基準は、下記のような症状です。

建物に現れる主な劣化症状 (クリックすると画像が大きくなります。)

 チョーキング現象・色褪せ
011  手で触れると、塗膜などが粉状になって付着する現象を、チョーキング現象と言います。チョーキング度合いも様々ですが、明らかに手で触ってべっとり塗膜が付着したり、または石材調の塗装では、骨材がザラザラして、密着が弱くなっていると、塗り替えのサインです。塗装面が経年劣化すると、チョーキングの兆候は徐々に見られ始めます。初期段階で少し手に付着し始めた程度なら、塗膜は生きていますので、そこまでシビアに考えられる必要はないです。誰が見てもチョーキングだと分かるようになると、塗膜は撥水効果を失っているので、機能していないのと同じと言えます。チョーキングは、サイディング外壁にも起こる現象です。基本的に、チョーキングが起こると、同時に色褪せも起こってきていると言えます。
 塗膜の浮き・膨れ
   塗膜が膨れたり・浮いてきたりする現象です。この現象は、壁の内部に水が回っている事が原因である事が多いです。壁内で、水分が回る要因があり、それが内側から塗膜を押すことで、膨れが起こります。また、外塀や基礎に塗装をしていて、膨れている物もございますが、それも、水分を吸収せざるを得ない素材や環境の部位に、塗装しているから、塗膜が徐々に押され、膨れとなって現れます。
最近では、サイディング壁でも塗膜が膨れている物も見られますが、その場合は施工不良による物がほとんどと考えられます。下塗り材と上塗り材の仕様に問題があったりと、様々なケースがございます。
 コケなどの付着
 建物に苔が付着したり、排気ガスなどで汚れるのは、立地環境により避けられない物もあります。但し、塗膜による保護があれば、そのような汚れが起きにくかったり、さらに最近では汚れが付きにくい塗料も商品としてございます。よって、そういう汚染に対処する施工や、塗料を使用する事により、汚れの付着を軽減させる事は塗装で可能です。
 建物の割れ・破損・鉄筋膨張
cimg0165  割れという現象は、どんな建物や素材でも起こりうる可能性があります。特に、モルタル壁やコンクリート壁ですと、割れが明らかに分かりますので、塗り替えの際はそこに適した処理を行う必要があります。割れがあまりにも大きい場合は、建物が浮いていたりする事もあります。コンクリートの建物ですと、屋上面などの防水が利かなくなると、確実に壁に水が回ってきます。それを放置しすぎると、鉄筋にも水が回り、鉄筋が膨張して、壁が落ちてきたりする建物もありますので、気づいたら早めの対策が必要です。因みに、応急処置として、シーリング材を亀裂のみに打ち込まれる方がいますが、塗り替えの時には、剝がさなければいけない事が多く、さらに処理に関係なく劣化が進行している事がありますので、ご自分でどうにかされる事をお考えになる前に、ご相談頂くのが一番と言えます。
 シーリング材の劣化
   シーリング材は、どの建物でも使用されており、モルタルやコンクリート・ALCの建物でも、目地部のシーリング材は収縮してきます。サイディング外壁の場合は、壁面と壁面のつなぎ目には、シーリングをむき出しにされている物が多く、その場合シーリングが収縮し、割れたり・避けたり・密着が弱ると、サイディングの側面から水分を吸水し易くなる欠点があるので、サイディングでシーリングを使用している建物は、その他の建物よりも、シーリングにシビアなお考えにならざるを得ないと言えます。但し、最近のサイディング外壁では、シーリングが裂けているからと言って、壁の内部にまで水漏れが起こるという事は非常に少ない話です。
 サイディング壁の反り
 サイディング壁は、14ミリ幅タイプの窯業系サイディング(一般的なタイプ)、またはそれ以下の厚みのサイディングの物は、反りという現象が起きやすいです。因みにハイグレードタイプと呼ばれる、16ミリのサイディングでも反りは見られる事があります。この要因は、サイディング自体に水が回る要因がある事から起こると言われています。主には、サイディングの表面の撥水性低下というよりは、シーリングの劣化の所でご説明したように、サイディングのシーリング打ち込み部位の側面からによる水分の吸収が、反りを起こらせる要因だと言われています。
 サイディングの凍解爆裂
cimg1967  冬などで、常に結露が起こり、毎朝壁面に水分が付着しているような地域に多いのが、この凍解爆裂です。要するに、日当たりが悪く、寒い場所で起こり易い現象です。コンクリートの建物では、水が回ると鉄筋が膨張し、鉄筋爆裂という事が起こりますが、似たような事が、サイディングにもあるという事です。サイディング自体に撥水性が無いと、サイディングが徐々に水分が吸収しやすくなり、壁内に入り込んだ水分が、温度低下で固まると体積膨張を起こし、素材が痛む現象です。窯業系サイディングに起こリ易い現象です。
 エフロレッセンス(白華現象)
 主にコンクリート部分に起こる症状で、白い粉上のものが亀裂部などを通り、出てくる症状です。セメントなどに含まれる成分が空気中の炭酸ガスなどと反応する事により起こったりする症状です。この症状は、建物に影響を及ぼすものではなく、美観的な症状です。

 

各部位の一般的な塗り替え年数

外壁・屋根 使用する塗料の耐久性に準ずるが、美観やメンテナンスを考えれば、どんな高耐久塗料でも、15年以内に1回は塗り替えをお勧めします。
因みに、住宅の塗装は、絶えず自然のあらゆる影響(地震・雨風・紫外線等)も受けるので、耐久力20年と謳われるような材料を使っても、20年間何もメンテナンス不要と安心できるような単純な問題では無いのが塗装工事になります。
 鉄部 雨ざらしの面では4~5年(常に水が溜まり、蒸発するまで水が残るような部分では、いかなる処理をしても厳しい(軽いサビはすぐ浮き上がってくる))
一般的な建物の庇等で水の切れもよく、雨の日に時々水に当たるくらいなら、建物の塗り替え時期と同時に塗り替えれば十分と言えます。
 木部 状態にもよるが、材料を浸透させて、木目を生かすような塗装の場合は、4~5年と言われています。木部を塗膜で覆う場合、10年くらいでも大丈夫の場合もあるが、その部位の条件にもよる。
 雨樋 雨樋は、塗料により耐久性がアップするとは考えられない素材です。主に美観の為に塗装するのが一般的。
 シーリング シーリングに関しましては、塗りではなく、シーリング材の打ち替え、または打ち増しになります。
サイディング壁のむき出しのシーリングに関しましては、打ち幅が広いほど、シーリングの持ちは良いのではないかと考えています。某ハウスメーカーの1.5cm幅程度のシーリングですと、15年くらい経過していても、打ち替えを勧めるかどうか、悩んだこともあります。
逆に、打ち幅が1cm前後くらいの一般的なサイディングのシーリングに関しましては、日当たりが良い面では10年も厳しいのが現実と言えます。
因みに、新築時に打つシーリングと比べ、打ち替えを行う場合のシーリングは、さらに条件が厳しくなるので、むき出しにするのではなく、塗り替えでその上にも保護として塗装を行い、塗料で覆い隠す方が持ちが良くなると考えられます。
※また、個人的な意見で言いますと、建物の軒がしっかり出ていて、紫外線を直に浴びすぎないような建物であるなら、シーリング劣化が見られにくい建物もあります。つまり、シーリングだけで持つ持たないというよりも、建物の条件により劣化スピードは大きく違ってくると言えます。
 防水層 屋上やベランダの防水は、FRP防水やウレタン防水、シート系の防水が多いです。
これらは、まともな施工であるなら、放置していても20年くらいは大丈夫な防水です。
理想的なメンテナンスは、10年に一度は保護コート(トップコート)を塗装するのがお勧めです。ウレタン防水やFRP防水には、元々トップコートを保護の為に塗られていますので、10年に一度の間隔で塗り替えてあげると、耐久力は持続します。
シート系の防水は、元々、保護塗料は塗装していない物ですが、保護の為には、やはり10年に一度はトップコートの塗装をお勧め致します。

塗り替えのご依頼を頂ければ、外壁や屋根だけでなく、上記のような付帯部位も塗装するのが一般的です。
外壁の塗装耐久力と比べると、木部や鉄部はそこまで持つ部位ではないので、それだとそういう部位は先に塗装した方が良いでは?と思われるかもしれませんが、現実的に考えてそれは、足場も掛けないと施工できませんので、難しいと考えられます。とは言いましても、一度塗装を行っておくだけで、全く違ってきますし、塗装しても耐久年数が過ぎたら、すぐに付帯は壊れてしまうというような物ではありませんので、そこまでシビアに考えられる必要はなく、建物の塗り替え時期の10年から15年を目安に、全体的な塗り替えされれば良いと思います。

また、シーリングに関しましても、シーリングが切れると建物に水が入って腐るというような事を、神経質に考える方もいらっしゃるかと思いますが、最近のサイディングでは、シーリングの下にステンレスのプレートが入っている物が多く、そんなに一気に劣化が進んで、構造まで影響するというような物ではありません。ただ、シーリングが切れたままで放置していると、サイディング壁の断面から、水を吸収しやすく、壁の変形は起こり易くなるとは考えられます。