toggle
呉市の塗装店

外壁塗装(サイディング外壁)

サイディング外壁の塗りの工程について解説していきます。

サイディングの塗り工程は、基本は下記の3回塗り仕上げです。

下塗り(シーラー塗り 又は サイディング用フィラー塗り) ⇒ 仕上げ材2回塗り

基本的には、サイディング用フィラーを使用した方が、肉もちが良いのでそちらを塗って、仕上げ材2回塗りがお勧めですが、最近では特殊なサイディングがございまして、そちらにはそれに適したシーラーを塗布しないと、後に剥がれてしまう事があるので、状況を判断して下塗り材は決める必要があります。
または、シーラー塗り⇒サイディング用フィラー塗り⇒仕上げ材2回塗りという4回塗り仕上げでも良いですが、工程が増えればそれだけ値段も上がります。

●下塗り(シーラー塗り)


吹付工法で施工した現場です。この現場の時は、シーラーにブリード抑制効果のある、関西ペイントのアレスエポレジンという水性2液型エポキシシーラーです。

このシーラーは白色の材料ですが、一般的な浸透型シーラーは色も残らない透明タイプです。

 

●下塗り(サイディング用フィラー塗りの場合)

因みに、サイディング専用フィラーの場合は、下の通りです。


エスケー化研のSDサーフエポという材料です。
当店では、サイディングにシーラーをローラーで塗ると、ローラーの毛が壁に残り、塗装後にそれが気になって仕方が無かったので、サイディングには吹付の方がきれいに仕上がると考えていましたが、こういう厚膜型の下塗り材が出てきた事により、サイディングでもローラー施工を採用するようになりました。

この現場では、前回の業者の知識不足により、旧塗膜が剥がれてたり、浮きまくっている現場でした。洗浄後さらに、密着不良の部分があらわになり、クレーターだらけになったのです。基本的に剥がれた部分とそうでない部分の段差は、微妙でも確実に表れるのですが、下塗りにサイディング用フィラーを使った結果、シーラーよりも厚膜なので、何とかその差もあまり分からなくなるくらいになりました。それくらい微妙に肉持ちがある下塗り材です。

下塗り完了後です。サイディングが白い膜で覆われました。この上に、仕上げ材を塗ると、きれいに仕上げ材が引き立ちます。

●仕上げ材2回塗り(吹付けの場合・手塗りの場合)

(吹付工法の場合)

弱溶剤2液型シリコンの1回目を吹付ている所です。
当時は、以前は弱溶剤塗料でも吹付をしていましたが、弱溶剤はいくら万遍なく養生を行っても、抜けていく可能性が高いので、今では余程の事が無い限りは吹くときは水性塗料を使用しています。


弱溶剤シリコンの2回目吹き時です。当店では吹付け施工の場合でも、この後にローラー塗りの工程を行います。


完成後の状態。

(手塗りの場合)

サイディング用フィラー(SDサーフエポ)の上を、水性ラジカル制御塗料で塗っていった所です。因みに、手塗りの場合は、キワのようなローラーが入らない所は、刷毛で塗る必要があります。

下塗り材に肉もちがある分、仕上げ材の乗りも非常に良いです。


仕上げ材の2回目塗り時です。仕上げ材の2回塗りは当然行う事なので、特別な作業ではありません。当店のスタイルは、材料はガッツリ使うので、材料が足りるか足りないか?を気にしながらという遠慮した塗り替えでは無いです。

因みに、これは同じ色を2回塗っているのですが、塗っている所と、塗っていない所の差は、はっきり分かります。1回目は色を変えて塗る人もいて、その方が良いならそう対応も致しますが、基本は同じが筋だと思います。基本的に、そういう仕様ですと、仕上げの色は1回塗りと同じになってしまうからです。