toggle
呉市の塗装店

屋根塗装(スレート屋根)

ここでは、スレート屋根の塗り替えについて、ご説明していきます。
スレートとは、粘板岩を薄板にしたものようです。
スレート屋根には、カラーベストやコロニアルといった商品があり、略して商品名を呼んだりすることがありますが、全てスレートの一種です。スレートは、一般的な瓦よりも軽い素材なので、建物に不可を欠けにくいという良い点もありますが、非常に薄く、釘で止めている素材なので、地震などの影響で割れが起こったり、素材自体も変形したり、水分を含みやすくなったり、美観も悪くなったりと、メンテナンスは付き物の商品です。
スレートの形状も様々ございますが、ここでは一般的な形のスレート屋根の塗り替えをご紹介します。


まず、最初に写真のような平べったい屋根素材の事を、スレートといった呼び方をします。
スレートに塗装も行わず、結構な年数が経ちますと、割れている部分があったりしますが、基本的にさらにその下にある防水シートが水の浸入を防いでいますので、カラーベストが割れたら水漏れするという事には、直接は繋がらないと言えます。ですが、第一の防水の役目を果たしていると言っても過言ではないですし、防水シートの保護としての機能もあるので、外壁塗装を行うタイミングでは塗装しておいた方が良いと言えます。

因みに余談ですが、屋根の塗り替えが可能な瓦は、スレート屋根やセメント瓦、モニエル瓦、ブルック瓦等がございます。
スレートとセメント瓦では同じ塗装仕様でも基本的に問題ありませんが、モニエル瓦やブルック瓦は、塗料の選択肢が限られてきますので注意が必要です。またスレートでも、中には塗装しない方が良いようなタイプの物もあったりしますので、注意が必要です。


まず足場仮設です。因みに、足場無しで屋根の塗装というのは、余程周囲に何もなく、平屋で勾配が緩やかな場合以外は、屋根だけ塗装するとしても足場は必要です。



次に高圧水洗浄です。ガソリン駆動の150気圧で洗浄していきます。
屋根に苔の付着が多い場合は、下から上に洗浄し、さらに上から下に降りていきという感じで、結構時間が掛かります。苔が無くても、旧塗膜が脆弱で剥がれる場合は、屋根の洗浄に時間が掛かります。因みに、高圧水洗浄に掛かる時間は、素地により様々です。例えば、状態が明らかに悪くないのに、塗膜を洗浄圧で無理矢理剥がせるまで行う必要性は無いですし、それをあえて時間を掛けて行えば、返って素材を痛めます。外壁でもそうです。旧塗膜の密着が悪く、時間が掛かるタイプの壁面もありますし、洗浄してもせいぜいほこりが落ちる程度しかできないタイプの物もありますので、そこらへんは現場次第となります。


洗浄後の写真です。この時の現場では、ある程度旧塗膜が残りましたが、もっと何も残らないくらいに洗浄できる現場もあったりします。何にせよ、早めの塗り替えがお勧めです。


雨樋の中の長年の汚れも洗浄圧で飛ばします。

次に、屋根の下地処理を行っていきます。


下地処理も、屋根面の状態により様々です。まずスレートの端や棟は、鉄またはガルバリウム素材になっていますので、そういう部分をサンドペーパーで目あらし。その後に錆び止めを塗布します。

こういう部分は、ワイヤーブラシでゴシゴシとケレン。

スレートの割れが起こっている場合もあったりします。こういう部分は、クイックメンダーという超強力エポキシボンドで修繕もしくは、シーリング材などを使用します。

02811
目あらし後のエポキシ錆び止め塗り後です。写真の現場では、赤色の錆び止めを塗りました。


別の現場での錆び止め塗り時です。同じく2液のエポキシ錆び止め塗り時ですが、最近、当店では白色の錆び止めをよく使用しています。


遠目から見たらこんな感じです。写真の現場は自社で組んだ足場なので、理想的な高さに足場を組んでいます。

いよいよ塗装工程に入ります。
当店では、スレート屋根の場合、水性塗料で施工させて頂ける場合は、吹付工法と手塗りの併用型で作業しています。溶剤を希望される場合は、手塗りのみで作業しています。
溶剤と水性の見栄えの違いは、塗装後に圧倒的に屋根がギラギラ輝いて見えるのが溶剤、普通に艶がある程度が水性と思って頂ければと思います。

(手塗りの場合の基本的な施工工程(3回~4回塗り))
シーラー1~2回塗り ⇒ 仕上げ材(シリコンorフッ素or無機など)2回塗り
まず、シーラー塗りを行っていきます。シーラーとは、素材の吸い込みを抑える材料で、それによりこの上に塗っていく塗料の密着性を高める事が可能な下塗り材です。
0492
べしゃべしゃの液体状で、すぐに乾燥してしまいます。シーラーはとにかくしっかり塗るに限りますので、流れるくらいにどっぷり塗っていきます。
DSCN1191
基本的に屋根の場合は、当店ではシーラーは2回塗りを行っていますが、劣化があまり見られないような場合は、1回でも問題無いと思います。そこら辺は、職人が判断する部分です。
最近は屋根の下塗りに、屋根用フィラーもあったりしますが、今の所、当店では使用した事はありません。

次に、タスペーサーという道具を取り付けていきます。
DSCF0147
こういう塩ビ系素材の材料で、屋根の隙間に入れ込むと、完全にふさぎ切らない隙間を保つ事が出来るので、塗料を塗っても、隙間が塞がらないという物です。

タスペーサーは、80㎡くらいの屋根でも、何百個という単位で取り付けを行うべきものです。ただ、もうすでにスレート素材が反り上がり、タスペーサーを入れる隙間以上に開いているなら、入れる必要性は無いです。基本的に、これを入れるのは手塗りの場合のみの話となります。なぜ入れるのか?と言いますと・・・

DSCF9586
スレートをローラー塗りすると、上の写真の上下の隙間(緑線部分)が塗料で埋まってしまい、オレンジ矢印のような、スレート同士が隣り合わせになっている隙間から水が下に浸入すると、元々あった緑線の隙間から水が抜けなくなり、さらにスレートは釘を打って止めてある物なので、抜けない水分が釘を伝い下地の木面に、色んな意味で悪影響を及ぼし、最悪の場合は、部屋に水漏れのような現象を起こしかねないと言われていまして、それを食い止める為の道具にタスペーサーが存在します。水漏れまでは、かなり稀な話だとは思いますが、そういう危険性を避ける為に入れる物です。
ただタスペーサーは、屋根に元から入っていない物を、入れて施工し、入れたらそのままですから、このまま何十年も経てば、入れっぱなしのタスペーサーが朽ちてきた時に、将来何らかの問題が起きないかどうか?はよく分かりません。だったら、入れなくても施工できる方がいいのでは?と思うので、当店では吹付けでの施工方法も行っており、後で紹介します。


最後は、仕上げ材を2回塗って工事完了です。仕上げ材には、シリコン塗料やフッ素塗料、無機塗料という風に、色んな選択肢がありますし、さらにそういった樹脂を用いた遮熱塗料や、断熱塗料と呼ばれるガイナなどもあります。
カラーベストの塗装
完成すると、こういう感じです。弱溶剤2液シリコンの仕上がりです。因みに、弱溶剤の屋根の輝きを表現すると、次のような感じです。

日が当たっていないとこんな感じが・・・・

こんなに輝きます。ギラギラ屋根を輝かしたい方は、弱溶剤をお勧めします。

次に、吹付工法で行う場合です。当店では、水性塗料を使用するなら吹付工法で行います。昔は、弱溶剤塗料でも吹付けしていましたが、弱溶剤は乾きが悪く、水性よりも飛散力が高いので、現在は余程の環境で無い限りは、弱溶剤の吹付は遠慮しています。

(吹付けの場合の塗装工程(当店で、吹付けの場合は5回塗りで施工しています))
シーラー2回吹き ⇒ 仕上げ材2回吹き ⇒ ローラー塗り
まず、シーラーを吹き付けていきます。2回行います。

シーラー後、手塗りの場合は、タスペーサーという道具を入れていきますが、吹付の場合は霧状に吹き付けていくので、隙間が詰まる心配はほぼなく、基本的に不要です。
但し吹付の場合は、いくら水性塗料でも、飛散シートを2重にしたり、養生も万遍なく行う必要があり、足場もできる限り高いに限ります。

2回目の吹付です。吹付工法を行う業者には、1回吹き後、ローラー塗りを行うという塗装店は結構いますが、当店の考えでは2回は吹付けを行わないと、スレートの細かい部分まで塗料が入りきらないので、当店では2回目まで吹付けで作業します。この後、ローラーで平面部を塗っていきます。

最後は、平面部のみローラー塗りを行っていきます。スレートに水性塗料の吹付後は、ミストが発生するので、最後はローラー塗りで仕上げていきます。

仕上がり後です。水性の場合は、それほど艶が無いので、ギラギラ光った感は無いです。

別の現場の夕方くらいに撮影した艶感です。
以上、スレートの塗り替えについてでした。

次に、屋根の隙間を埋まらないようにする為、タスペーサー取り付け以外の方法があるのでご紹介します。
それは、縁切りという方法です。


作業は単純です。タスペーサー無しで塗装し、詰まっている部分があれば、そこをヘラやカッターなどで、カットしていく方法です。ヘラでカラーベストを押し上げたりして作業するのですが、本当にビッシリくっ付いていたら、絶望的にしんどいです。しかも勾配が激しかったら、滑るし力は入らないし、真夏だと暑いし・・・と、この現場の時はそんな気分でした。


このようにくっ付いてる所を切っていきますが、塗装仕立ての部分を痛め兼ねないので、それと労力を考えたらタスペーサーの方がまだ良いような気がします。因みに、縁切りを行う場合は、塗装後の次の日に行うよりも、しっかり乾燥させて行う方が良いと言えます。塗装してすぐだと、またくっついてしまう可能性があるからです。さらに縁切りの場合、塗装した屋根の上に何度も上がるわけですから、足跡が残らないような塗膜の硬い材料をお勧めします。