toggle
呉市の塗装店

足場仮設 / 高圧水洗浄について

足場仮設について

塗装工事では、足場が必要で、非常に重要な部分です。
無足場工法で施工という方法もございますが、それは足場が絶対に組めない時や、ビルの塗装で行われている事もございますが、それで足場有りの場合と同じ内容の仕事が行えるものでは決してございません。それほど足場が有るのと無いのでは、工事に大きな差があります。
まず、足場の種類についてご説明していきます。基本的に、単管棚板足場・クサビ式足場・単管足場・ビテイ足場の4タイプです。

●単管棚板足場
骨組みは単管パイプで、連結部分は、クランプ・ブラケット・ジョイントといった部材を使用し、歩行部分には木や鉄の足場板を敷いた一番スタンダードな足場です。正直、一般住宅の塗装では一番自由度が効くので施工し易いです。建物との隙間が狭い部分に足場を組んだり、建物の形状が複雑な場合は、融通が利いた組み方ができます。ただ、お客様が足場に上がられたり、作業される場合は、クサビ式足場の方が、足場部分のスペースが広いのでお勧めではあります。
CIMG0112
足場内部はこのような感じになっています。

 

071
こちらは当店が組んだ単管棚板式足場です。自社で仮設の場合は、足場専門業者に依頼するよりも仮設に時間は掛かるけど、一番ストレス無い足場が組めるメリットがあります。たまに、お客様から「すごい足場じゃね」と言われるくらいパイプの量が多いですが、色々考えて組んでいると、いつもこのくらいのパイプ本数は必要になります。
当店では基本的に、近場や2階建ての建物までは自社で組み立てを行う事がありますが、最近ではインターネットや相見積で単価だけを比べられる傾向が強いので、業者にお願いしなければ単価が合わない事も多く、自社で組むことは少なくなってきました。
DSCF8458
こちらも自社組み足場です。屋根の塗装を行う場合は、洗浄を行う事も考え、理想としては写真のように屋根の頂上より上まで、隠れるくらい欲しい所です。

(ポリカーボネート(波板)がある場合・・・取り外しが必要な場合)

135
最近は、ほとんどの現場で、建物に波板(ポリカーボネート)やアクリル板等がございますが、取り外さなければ塗れない場合や、仮設が困難な場合は、基本は上のように取り外して作業します。

(ポリカーボネート(波板)がある場合・・・取り外さなくても塗れる場合)

DSCF1147
骨組みのアルミ部分に単管パイプで補強を入れ、波板の上はコンパネや木の板を敷いて、その上から足場を組んでいく事も単管タイプですと可能な事もあります。補強の際には、アルミ部材を傷つけないように、ボロ切れとか、何らかのクッション材を間に挟んでいます。この辺の自由度は、次に紹介するクサビ式足場では難しい事が多いです。

※波板の脱着や取り換えは、当店で行う事は可能です。ただ、何十枚も脱着したり・取り換える場合は、専門であるサッシ屋さんにお願いする事もございます。

 

●クサビ式足場
現在、最も多く主流とも言えるのが、クサビ式足場です。
パイプや部材に凹や凸があるので、そこを連結させハンマーで打ち込むだけでどんどん組めます。打ち込む位置が一定間隔ごとにあるので、逆に細かな高さ調整は難しいですが、水平を測らなくても自動的にレベルは出ますし、見栄えも良いです。
足場板も基本的に幅が広い物がありますので、お客様が足場に上がられたりすることがある場合は、こちらの方がむいています。
ただ、仮設時や解体時にハンマーで叩く音がかなりするのと、部材も大きめで重いので、大きな車を付けて作業する必要があり、それができない現場では仮設が難しい事もあります。クサビ式足場は大雑把な足場になりがちなので、敷地が狭かったり、塗装面が細々している日本住宅等では、組み方が複雑になり、逆に作業し難くなることがあります。敷地が広く、規格が決まっている建物や、階層のある建物ではお勧めです。
023
歩行面は、金網状の足場になっています。こういうすっきりした建物の場合は、クサビ式足場に限ります。

 

DSCN0434
このように歩いたり、点検するのには、クサビ式足場の方がむいていますが、敷地が狭い建物で仮設すると、足場だらけで動けなくなり、一段下に降りるだけでも困難な場合があり、そういう敷地の場合は、単管棚板足場の方が職人は身動きできるのでやり易いです。

※因みに、クサビ式足場では、波板が多い建物ですと、ほぼ全撤去が必要になる事があります。

●単管足場
足場板が無く、単管パイプのみで組み立てた足場を単管足場と言います。つまり、単管棚板足場の足場板が無いバージョンになります。
下の写真のように、歩行する部分がパイプを2本組み合わせただけの足場になります。

CIMG0113
歩行面がこの2本のパイプのみなので、非常に不安定です。
当店では、建物全面を単管パイプで組んだ現場は無いので、一部の写真しかありませんが、これが足場全面の現場も見かけます。
基本的に、敷地が狭かったり、足場を運ぶのも困難な場合には、単管だけで組むというのは、究極の場合で仕方がないと思いますが、足場仮設に十分な敷地があり、車も横付けできるのに、単管足場というのは、当店では行っていません。こういう足場に慣れてる職人もいるのかもしれませんが、正直、足場板がある足場で作業するのと同じ仕事ができるとは思えないです。色を塗るだけの仕事をするだけなら、それで充分という職人もいるかもしれませんが、壁面に厚付け施工したり、刷毛で細かいラインを出したり、シーリングの打ち替えをする場合や、塗装完了後に再度外壁面を点検して見直す時には、不便で仕方がないと思います。
このような単管だけの足場なら、非常に安い価格帯で組んでくれる業者もいたり、塗装屋でもあっという間に組んでしまう業者はいるでしょうが、当店では足場とは考えていません。

 

●ビテイ足場

最近はマンションでもクサビ式足場で仮設する現場をよく見かけますが、一昔前はビテイ足場で仮設している事が多く、今でも大きな現場ではビテイ足場が一般的です。
下の写真は以前、小学校の体育館を施工した時に使用した足場です。鳥居のような部材を組み合わせたりして組んでいく足場で、歩行部分はクサビ足場より広い鉄の板を使用したりと大掛かりな足場なので、一般住宅ではまず縁のない足場です。

026

以上の4タイプが足場の種類になります。昔は、単管パイプではなく、丸太で組んだ足場もあったりしたみたいですが、今そんな現場はまず見かけません。

 

●少し特殊な足場の例をご紹介

(足場がダブルになる例)

1371
こういうタイプの建物ですと、足場の本数はかなり必要になるので、見かけより足場の㎡数は多くなります。建物の色褪せた茶色部分を、パラペットとか、はちまきという言い方をします。この建物では、白色の壁面を塗装する足場の位置と、パラペット部分(茶色部分)を塗装する足場の位置が違いますので、足場を内側と外側に組み立てるようになるので、足場がダブルになり、一般的な建物の足場とは組み立ての手間や、足場部材の本数が明らかに多くなります。次の写真のような感じです。
13221
写真の丸は、内側の壁面を塗装する足場板と、パラペット部分を塗装する足場板です。通常の建物ですと、壁面から90センチ外側に足場の柱を立てて、あとは上に組んでいく事になりますが、この場合は、壁面から1.5m近く外に足場の柱は必要になるし、内側にも足場の柱は必要になるという事で、一筋縄ではいかないというのがお分かり頂けたかと思います。

(屋根足場を必要とする場合)
cimg1984
屋根を塗装する場合、勾配が激しいと、屋根の上に足場を仮設する事があり、それを屋根足場と言います。
cimg1990
近くで見るとこのような感じです。勾配が激しいほど、施工に関しましても時間が掛かります。

 

●飛散防止シートについて

足場仮設後は、飛散防止シートを取り付けます。飛散防止シートは、塗料や洗浄時の水しぶきの飛散を抑えるだけではなく、安全性の意味もあって必要になってきます。下の写真は、クサビ式足場の飛散防止シートになります。

DSCN2391
飛散防止シートは、近年の手塗り施工の場合は、上のように業者が取り付けたシートだけ張っていれば、大抵問題はありませんが、吹付け工法や、手塗りでも近隣との距離がもの凄く近い場合は、飛散防止シートを2重にしたりする必要もあります。

飛散防止シート
この現場は屋根だけの塗装を行った時で、吹付施工でもあったので、シートを2重に覆っています。

 

足場に対する、塗装屋の本音と単価について!!
近年は、足場の価格競争が激しく、足場業者も厳しい現状があると思いますが、組んでいるだけが足場ではないという事は、お客様方にも足場業者にもご理解頂きたいと思います。
上記での説明は、あくまでも足場の説明だけであって、クサビ式でも単管棚板足場でも、良い足場や悪い足場はあり、それは業者次第です。現在、インターネットの普及で、塗装とは無縁の会社でも、塗装をビジネスに繋げようと作っているようなサイトも多く、そういう所で単価だけを見られてそれが基準になるお客様や、相見積の中で単価だけを見比べるお客様も多く、そういった場合のほとんどで、まず目がいくのは足場の価格です。
「足場は形として残る物ではないから、安い方がいい!!」という気持ちは分かりますが、不安定な足場で、職人が落ちたりしてもらっては業者もお客様も困るし、安けりゃ何でも良いという物では無いと言えます。それだけではなく、ただ組んだだけの足場で、施工しにくい足場ほど、どうでもいいものはありません。これは、実際に作業したことが無い人には分かりにくいですが、あまりにも足場が悪いと、やる気が失せるくらいの足場もあり、足場の質の悪さが作業効率や仕事に影響してきます。
例えば、手だけはなんとか届くだけで施工しにくかったり、手元と塗装面の位置が近すぎたり・遠すぎたり、作業しようにも足場の部材が多すぎて動きづらかったり、塗装する面のすぐに足場板やパイプがあったり、という、このような例はほんの一例です。
足場業者は自分で施工しないから分からないというのも理解できますが、それ以前に、そこまで考えようとしていない事がほとんどです。世の中全体が単価勝負である以上、業者も細かい事を言ってられない事情や、それ以上時間を避けないという事情がある、という事が先行し過ぎて、こういう考え方が、世の中のあらゆる職種にも蔓延しつつあります。塗装工事に安さを求める方は、それで問題は無いとお考えかもしれませんが、細かな事や質を求められる方には、扱っている塗料とか、会社のイメージ以前に、根本である足場も大事だという事はご理解頂く必要はあると思います。

 

高圧水洗浄について

塗装工事の高圧水洗浄では、ガソリン駆動の機械で150気圧で洗浄していきます。
圧力のメーターがついていますので、それが150の所で洗浄していきます。
以前、100気圧までしか出ない洗浄機をレンタルした事があるのですが、素地が粗い面に苔が付着した建物では使い物にならず、すぐに返品したことがあります。圧力メーターで100気圧なら、実際の洗浄圧はそれよりも下がるわけですから、やはり150気圧の洗浄機が必要と思います。

DSCF8213
当店では、建物が大きい場合は2台で洗浄していきます。洗浄時には騒音がございますが、ご了承頂くよう、しっかり挨拶回りにもお伺いします。
因みに、高圧洗浄は雨の日でも行う事はありますし、むしろその方が、近所への飛散の影響が少ないとも言えます。

洗浄の目的は、コケやチョーキングした塗膜をできる限り除去し、塗装する塗料の密着性を向上させる為です。また、弱った旧塗膜をある程度の圧力で洗浄する事で、実際には既存塗膜の密着が弱く剥がれてしまったりする事があり、そういう部分の発見にもなります。
洗浄すると、下のような感じです。

052

048

062
洗浄すればきれいにはなります。上では密着の弱っていた塗膜が一部剥がれました。
因みに、このような道路を挟んだ外塀の洗浄ならともかく、隣のお宅との距離がほぼ無く、そこに付着した苔の洗浄をお願いされた場合、隣の敷地にコケが飛び散ったりするので、さすがにお隣も気持ちがいい物ではないので、そういう場合は控えめにしかできない事もあります。洗浄の時は、近隣の方への配慮も必要です。

(洗浄時の注意点)
洗浄時は、洗濯物などは干せなくなります。洗浄圧で窓が開いたり、隙間から水が入ることもありますので、窓の鍵まで締めて頂く必要もあります。また、近隣の方には、足場のシートの隙間から水が抜けていく事もあるので、その場合は、隣の方にもベランダの洗濯物を収めて頂いたりする事もございます。
(※洗浄あるあるな話ですが、網戸があまりにも劣化しているような場合は、洗浄圧で吹き飛んでしまいますので、その点はご了承下さい。)

洗浄が特に大事なのは、劣化が激しい壁面や、カラーベスト、モニエル瓦等の屋根面、防水層です。一般的な痛みのまず無い考えられる壁面では、あまり強くは当てすぎないようにしています。

基本的な事ですが、電気代や水道代に関しましては、見積代金とは別に施主様のご負担になりますので、その点はご了承下さい。これは、全国どの業者でも共通だと言えます。
高圧洗浄代金に、そういう費用は含まれていません。施主様のお宅を施工するには、電気代・水道代は必然的に掛かる為、お施主様にご負担頂くのは致し方ない事です。毎月お施主様に請求がいく費用を、あえて塗装業者を通して、お客様に提出する見積代金に、水道代・電気代と入れるような事はありません。

●バイオ洗浄について
最近は相見積の影響で、よく聞かれるのがバイオ洗浄です。
バイオ洗浄は、明確な効果があるのかどうか?がよく分からないので、全国の塗装現場の割合からすれば、される方の方が遥かに少ないようです。当店も、標準ではお勧めしていませんが、ご要望があれば対応致します。