toggle
呉市の塗装店

サイディング壁について

一般的にサイディングの壁というのは、工場生産の壁材を現場にて組み立てる物を言います。

そんなサイディング壁にも様々なタイプがあります。
・窯業系サイディング
・金属系サイディング
・石材調サイディング
・セラミック系サイディング
・タイル調サイディング

などなど、本当に様々です。ここではそんなサイディング壁のタイプについても解説していきます。

 

窯業系サイディングについて

サイディングで最も多いタイプが窯業系と言えます。窯業系とは、セメントや繊維質を混ぜ合わせて作られたボードで、デザインも非常に豊富です。写真で伝えるのは難しいですが、下記のようなタイプです。
016
一般的に多いタイプのサイディング壁。壁のデザインは一切関係ありません。

dscf9808
こちらも一般的な窯業系サイディング。窯業系は壁のキワなどが特徴的です。

013
こちらはハウスメーカーの壁なので、普通よりもボードの厚みはありますが、同じく窯業系サイディングです。

015
近くで見るとこのような感じです。

窯業系サイディングは、従来は、上記のように明らかにチョーキングが分かってくる特徴がありましたが、2000年初期くらいから、少し変化が現れます。それは壁に対し、防カビ用の処理をされている物や、無機系のコーティングをされているサイディング、中には、光触媒機能を持つサイディングもありまして、そういったタイプの窯業系サイディングは、10年過ぎたくらいではチョーキングが目立たなかったりする事があります。例えば、下のサイディングがその例です。

cimg1245
一見、普通の窯業系と変わらなく見えますが、築10年でチョーキングらしいチョーキングが表れておらず、調べてみると防カビ系の処理をされたサイディングでした。建物の形状や立地の影響もありますが、非常に状態は良好。ただ、どんなに優れたサイディング壁でも、問題があります。それが剥き出しのシーリング部分です。シーリングにはそこまでの耐久力はありません。つまり、サイディングが以前より長持ちしたとしても、シーリングは朽ちてくるので、塗り替え時期は、何の処理もしていない窯業系サイディングと変わらないわけです。よって、足場を組んでシーリングを打ち替えるなら、塗り替えも一緒に行うという事になります。因みに、どんな処理をしているボードでも、窯業系サイディングはやがてチョーキングしてきます。
※何らかの処理をしているサイディング壁の場合、塗り替え時は、下塗り材の選択肢が非常に重要です!!

 

金属系サイディングについて

最近は金属系サイディングもよく見かけるようになってきました。下のサイディングは、アルミサイディングでして、色褪せてきたのでその上から塗装した後の写真です。この時の写真がほとんど残ってなく、一枚しかありませんでした(^_^.)

arumi
この現場は、モルタル壁の上に後から、アルミサイディングを取り付けている現場でした。一時期、モルタルにサイディングを貼れば、塗装は不要という飛び込みの営業マンが多かったようで、そういう建物が多くなった時期があります。確かにアルミサイディングは、一般的な窯業系よりは長持ちするかもしれませんが、結局チョーキングしてきます。よって、見栄えの影響から再び塗装するというケースもよくある話です。

(モルタル壁の上にサイディングを取り付ける工事について)
モルタル壁にサイディングを取り付ける工事は、一般的な考えとしてあまり意味が無いように思います。まず、取り付ける為の木をモルタル壁に打ち付け、その上にサイディングを貼るので、コストは非常に掛かるし、壁がかなり重たくなります。また、サイディングで覆ってしまえば、元のモルタル壁の下地がひび割れていても今後一切分からない。そして、後から取り付ける場合は、全てサイディングというわけにはいかないので、モルタルの軒天部分はそのままモルタルとして見える状態になったり、サッシも、壁が厚くなった分、何とも言えない納まりになります。そして、結局チョーキングするので、塗装時期は訪れます。因みに、サイディングを後から貼る工事は、聞くところによると相当高額らしく、それなら2回は余裕で塗り替えができるくらいの話も聞いたことがあるので、どうしてもやむを得ない事情が無い限りは、あまりお勧めではないと考えられます。

話は戻りますが、金属系サイディングには、このような後付けだけではなく、ガルバリウム系素材のサイディング壁を新築時に取り付けている建物も最近は非常に多いです。そういう建物には、シーリングが剥き出しになっていない物も多く、確かに壁面の塗り替えを行うコストは掛かりにくくなる可能性は高いですが、最近は塩害もあったりと、何かと素材が痛む要因があるので、何もしなくて済むというわけではありません。

(ガルバリウムについて)
ガルバリウムという言葉が出てきたので、少しご紹介します。ガルバリウムとは下の写真のような部分にもよく見る素材です。
dscn0109
昔は、こういう部分もただの鉄で、錆びる一方でしたが、最近はガルバリウム素材を使用するのが当たり前で、非常に錆びにくくなっています。ですが、完全に錆びないわけではありませんし、見栄えの劣化から塗装するのが基本です。
ガルバリウムの製造をしている人の話を、お客様から又聞きしたことがあるのですが、このガルバリウムが完成するまでの金属の配合率もある程度の枠があるようで、それにより価格や物にも差があるようです。だから、ガルバリウムのサイディングとはいっても、錆が出やすい物もあれば、本当に錆びにくい物もあるようです。

008
こちらは、金属サイディングと言っていいのかよく分かりませんが、壁の下地は金属なのでご紹介します。サイディング初期の建物で、こういうタイプのサイディング壁は多く、当店も何棟も塗り替えをしてきました。
003
壁の素地感は、このようなガサガサしたような感じです。壁がつるっとしたタイプもありまして、形は似ているけど、素材は様々なタイプがあります。この手の建物は、隙間が非常に多く、そこをどう処理するか?の判断で塗り替えの費用に差は出てくると言えます。

 

石材調サイディングについて

まるで石材系の材料を一つ一つ取り付けたかのような印象を受けるのが、下のような石材調サイディングと言います。下の現場は、石材調サイディングの元々の風合いを残したいというご要望から、クリヤー仕上げを行った後の状態です。
sekizaichou
よく玄関先や、建物の一部分的に使用されている事が多いです。石材調サイディングも色褪せてきますが、クリヤー塗装を行う事で、ある程度復活します。完全に色褪せたら、塗料で塗り潰したり、意匠性のある仕上げを行うしかないと思いますので、クリヤー仕上げなどで元の素材感を長持ちさせたい方は、早めにご相談頂いた方が良いと言えます。最近はフッ素のクリヤーもあり、耐久力もありますので気になる方はお気軽にご相談下さい。

セラミック系サイディング

このタイプは、ハウスメーカーの建物に多いサイディングです。


セラミックというか、要は意匠性のあるALC(軽量気泡コンクリート)系の外壁といった感じです。このタイプは、サイディング自体に気泡が多く、塗料を非常に吸い込むので、普通の塗料の伸び率と同じ感覚で見積すると、大変な事になります。仕上がりを気にしないなら、そういう見積でもいいのかもしれませんが、普通の職人的な考えならならそういうわけにはいかないので、結構厄介な壁です。また、壁の凹凸も深いです。上の写真の下側の現場では、200㎡少し切るくらいの壁面積だったのに、2回塗りで45㎡は伸びる仕上げ材を7缶使った記憶があります(+_+)

下は、別の大手ハウスメーカーのサイディングです。
034
こちらも括りとしては、セラミック系サイディングになります。

042
この現場では、凹凸が深すぎて塗料がローラーでは入らないので、吹付工法と併用で施工しました。こちらのタイプは、壁面が緻密でしたので、塗料の伸びは普通より少し多め程度で済みました。

 

サイディング壁の種類についてのまとめ

サイディングには、このほかにも磁気タイルを貼ったようなサイディングもありまして、非常に長持ちする物も出始めています。もちろん、そういう壁材を新築時に取り付ければ、初期費用は高くはなります。サイディングは近年様々な物が出始めてまして、それが本当はどのくらい長持ちするか?は時間が経ってみない事には分からない事だと言えます。一つ言える事は、ほとんどのサイディングは美観の劣化であったり、耐久力や撥水性確保の為に、塗り替えは必要になりますので、そういった判断ができない場合は、診断も無料ですので、ご相談頂ければと思います。