toggle
呉市の塗装店

吹付けと手塗りについて

塗装方法を大きく分ければ、機械を使って吹き付ける方法と、ローラーと刷毛で塗って塗っていく方法の2パターンがあると言えます。当店では、どちらも扱えますが下記にて特徴をご説明していきます。

吹付工法 吹付工法とは、機械を使って塗装する工法です。
吹き付けの機械も、1種類だけでなく、用途の応じ様々な機械があります。
よって、装備(機械)がないと施工できないので、手塗りよりも、吹き付けができる塗装店の方が、圧倒的に少ないと言えます。技術的な事も、手塗り以上に要求されます。

(吹付の長所)
●塗装仕上げの種類は、手塗り工法よりも、吹付工法の方が幅広いです。
例えば、タイル吹き・タイル押さえ仕上げ・スキン・リシン・スタッコ・多彩模様仕上げ等です。
●霧吹き状に飛ばすので、細かな部分に塗料が入り易く、手塗りでは時間がかかりすぎる事も、吹き付けでは容易にできる事もあります。
●刷毛目やローラー模様を気にする必要が無いので、塗布面の仕上がりは、吹き付けの方が手塗りよりもきれいです。
●やり方次第で、手塗り以上に塗料を被せることができる。
●塗装するスピード自体は、手塗りよりも早くなる。

(吹付の短所)
●手塗りよりも、材料が多く必要になる。それは、飛散で抜けていく塗料が多いというよりも、塗布面の塗り重ねができるので、手塗りよりも塗布量も多くなってしまうからです。
逆に、吹き付けで素早く行うだけだったり、材料を希釈しまくる業者ですと、塗布量も少なく、薄くなるので、吹き付けの方が塗膜が薄いという業者もいるが、全てはやり方次第と言える。
●飛散力という意味では、基本的に手塗りよりも高いので、念入りな養生が必要で、それには時間が掛かる。どんなに近所が近くても、吹き付けができない事は無いのですが、その際は極めて気を遣った養生が必要になるし、そうならないように考えて施工しなければならないので、それも経験が必要。
●外部での吹付けは、塗布する素材や環境条件により、吹き付けだけではきれいになりにくい事があるので、ローラーの併用も必要になる事があります。よって当店では、ミストを消すためにも、トップコート塗りでは、必ずローラー塗りも使用しています。
●細かな部分にも塗料は届くが、素地感次第で、塗料が入りにくい事もある。
●機械のメンテナンスが必要になってくる。
●弱溶剤塗料の吹付けは、環境条件が良い場合や、養生に工夫が無いと飛散の影響があるので使用しづらい。

手塗り工法 手塗りとは、いわゆるローラーと刷毛を使用する工法です。
今では、手塗りが主流という風潮があるので、手塗りができない塗装屋は存在しません。
よって刷毛とローラーさえ持てば、すぐ塗装屋として独立する者もいるくらい、スタンダードな施工と言えます。

(手塗りの長所)
●手塗りの場合は、吹付よりも養生に掛かる時間が短縮されます。
●手塗りでも飛散はするが、吹付よりも近隣に神経を使う必要はありません。
但し、手塗りでの飛散は、すぐの隣近所では起こり易く、吹付けの時よりも粒が大きめな感じで飛散する事があるので、手塗りでも配慮は必要と言えます。
●基本的に、塗装職人であれば誰が施工しても、パッと見では施工品質の差が分かりにくい。
●手塗りでないと、塗料が入りきらないような素地もある。
●最近では、手塗りでしか塗れないような塗料も、少なからずある。

(手塗りの短所)
●塗装仕上げの種類が、基本的にマスチックローラー仕上げのみなので、表現の幅が限られてくる。また、マスチックローラー工法は、壁面に対し膜厚は一定になり易いが、その膜厚自体がタイル吹き等と比べると、厚みが付かないと言える。
●塗料を塗る施工スピードは遅い。よって、刷毛塗りが必然的に多い現場では、養生(ビニールで窓等の非塗装面を覆う事)を貼っておく時間が長くなる事がある。
●素地の吸い込みの少ない塗布面には、ローラーのゆず肌模様や、刷毛目が目立ち易いので、塗布面がきれいとは言いにくい。
●ローラーや刷毛の毛は、必ず抜けるので、素地によりそれが目立つことがある。
●手塗りは、ローラーにどんなに塗料を含ませて塗っても、一度ではこれ以上塗料が被せれないのが明らかに分かるのですが、被りの悪い材料と、その下地の条件によっては塗布量が明らかに足りなかったり、下地が透ける事もある。
●手塗りは、ローラーに塗料を含ませ、最初に塗布面に置いた所が一番膜厚が付き、そこから塗り広げていくように施工するので、その膜厚を均等にさせるには、ローラーは何回も取り替えが必要になります。当店では、一般住宅に一工程塗るだけでも、一人の職人で2~3回ローラーを変える事もありますし、3工程・4工程と塗るなら、ローラーの交換は何度も行う事があります。それだけローラーの劣化は激しく、交換が必要な作業と言えます。
●スレートなどの塗装をする時には、必要以上に塗料が入り込んでしまう事があるので、それに対する対策が必要になる事がある。

現場的な見解

上記は、インターネット上に拡散する一方的な考え方では無く、現場で実際にどちらの工法も施工していく中での、分かり易い特徴を説明しています。
どちらが優れているかどうか?を議論するのは無意味な事で、どちらの工法にも、一長一短ありますので、お互いの短所を無くすためにも、どちらも扱えるに越す事はありませんし、それでこそ塗装職人と言えます。現に、国家資格の塗装技能士の実技でも、吹付けを使う必要があるので、手塗りだけできれば良いというものではありません。
当店では、吹付けで施工する場合でも、ローラーも必ず併用しますし、逆に手塗りの現場でも、吹付の工程を入れる事もあります。今では、ほとんどが手塗りだけで施工というパターンが多くなりがちですが、お客様のご要望がある場合は、どちらの工法でも柔軟に対応しています。