toggle
呉市の塗装店

下地処理 (モルタル壁など) 

建物の亀裂や劣化部位の修繕を行う事を、下地処理と言います。ここでは、主な下地処理についてご説明致します。
モルタル壁・コンクリート壁・ALC外壁では、下地処理方法は大体同じなので、それらの処理について解説していきます。
サイディング壁の場合は、別ページにご紹介します。

目地部への処理

CIMG0134
上は、ALC(軽量気泡コンクリート)外壁の目地です。
目地部には、モルタル壁であれ、コンクリート壁であれ、シーリングの充填が必要になります。
目地とは、基本的にどんな建物にでも、大体一定間隔に存在する建物の窪みで、建物の揺れによる力等をその凹みに誘うべき部位なので、その部分に割れが起こったりするのは、必然的な建物の仕組み上、仕方がない事です。という事は、目地に何らかの保護が必要になり、その為に弾力性のあるシーリング材で保護する仕組みとなります。

(因みに、近年のモルタルの建物では、スタッコ系の塗材を左官コテで仕上げでしている建物もあり、そのような建物には、目地が無い建物もございます。その場合は、壁面全体にクラック防止の専用のネットを張ってまして、目地を取らない工法の為であります。非常に割れが起こりにくいようですが、それだから絶対に割れないという物ではありません。)

CIMG0139
目地部へシーリング充填後です。
目地以外にも、シーリングを充填しておいた方がよさそうな部分があれば、充填処理します。
0334
例えば、サッシと壁面に微妙な隙間がある場合は、上のような打ち方をする事もあります。建物により様々ですし、処理の仕方は業者により様々です。

玉に見るのですが、業者によっては、予算が余程出ていないのか、手抜きなのかしりませんが、目地にもシーリングを打っていない現場も見たことがあります。

 

軽微な割れに対する処理

CIMG0142
軽微な亀裂に対しても、シーリングを埋めて処理します。
シーリングの事は、コーキングという呼び方をする事もあります。

CIMG0145
シーリングを打ち込んだ後は、シーリングをしっかり押し込んでいきます。
塗装工事で使用するシーリング材は、ノンブリードタイプという、後で汚れが浮き出てきにくいシーリングの、ウレタンシーリング又は、変性シリコンシーリングを使用します。また、目地部や亀裂部に使用するシーリングは、溶剤タイプの方が好ましいです。

 

深い割れへの亀裂処理(Vカットについて)

割れが深い場合は、下で説明するようなVカット(Uカット)という処理を行うと、効果的ではありますが、普通のシーリング処理よりも工程は増え、1日では済まないので、必然的に費用が上がってきます。また処理した後が目立ち易くもなりがちなので、必ずしも行う処理とも言い難いです。
当店では、あまりにも目立つ亀裂がある場合は、施主様に聞いて行うかどうか?の確認をする事もございますが、価格で競う相見積が多い現在では、それを説明し理解してもらえる事も少ないので、そういう場合はお客様が重要視している事を優先にし、それから判断する事もあります。
また、本来Vカットは、コンクリートの建物のように壁が厚い場合は、効果的と考えられますが、モルタル壁のように、厚みが1.5~2cmくらいの壁に対し、絶対にしなければいけない処理とは言いません。

Vカット処理とは、割れに対し厚くシーリングを充填していく処理です。ですから、割れに敏感な方は、どんな弾性塗料を使って今よりも割れが起きにくくしようか?と悩むより、こういった処理に力を入れた方が遥かに効果的です。何故なら、シーリング材は塗料よりも遥かに柔軟性のある材料で、それをVカットしてしっかり充填すれば、塗料による膜厚よりも遥かに、充填幅は広いからです。それでも気になるようなら、弾性塗料とか高弾性塗料を複層型厚付け施工すればさらに良いかと思います。

まず、深い割れに沿って、サンダーという電動工具を使いカットしていきます。
DSCN9790
サンダーでカットすると、かなりの粉塵が出ます。よって、サンダーでカット中でも、カット後でも良いですが、カットした凹みのほこりをエアブロー等で、飛ばしていく必要があります。

0063
カットした部分をアップした所です。深い割れの場合は、このように掘った先にも割れが見られます。このように深層部まで割れがあるのに、表面だけのシーリング処理を行っても、下にはさらに割れが深く存在するわけで、表面処理だけのシーリング打ちでは、防水効果が弱くなるわけです。では、もっとシーリングをしっかり充填しましょう。という事で、Vカットで割れを広げ、そこにたっぷりシーリングを充填させれば、防水効果も高まるし、再びその部分に割れが起きても、シーリングがしっかり充填されているから大丈夫!!というのが、Vカットの目的になります。またシーリングの厚みがある分、建物の動きに対応力があるので、割れは起こりにくいと言えます。

 

DSCN98151
カット後は、シーリングプライマーを塗布していきます。

 

DSCN9838
次にシーリング材を充填し、ヘラなどで押し込んでいきます。使用するのは、変性シリコンまたはウレタンシーリングのノンブリードです。

 

DSCN9869
シーリングを打っただけでは、シーリング材のようなゴム系素材は収縮していくだけで、見栄えも悪いので、セメント材を被せていきます。

 

DSCN9872
そして、盛ったセメント材をぼかしていきます。

 

DSCN9873
こんな感じです。

 

DSCN0001
ぼかしただけでは処理痕がもろに目立つので、サンダーで壁面を削り、段差の軽減を行います。

 

DSCN9997
こんな感じです。この後に、処理した部分と、処理していない壁面との差を分からなくする為に、模様合わせを行っていきますが、100%分からなくするのは難しく、パッと見は分からなくもできなくはないが、塗装後時間帯によっては、処理した感じがどうしても見えてしまう事もあります。

※ 最近では、完全なモルタル壁のように見えて、実際はボードの上にモルタル処理された壁という家もあり、その場合、壁の厚みがどのくらいあるのか分からないので、そういう場合は、Vカットは厳しいかと思います。また、Vカットのように掘らなくても、最近ではこういった亀裂に対し、モルタル壁用にエポキシを亀裂に充填していくような道具もあります。

 

セメント・モルタル補修


壁の欠損があれば、セメント処理などを行います。
基本的に、塗装屋でも軽い段差補修は可能ですが、あまりにも状況がひどい場合や、壁に厚みを持たせるといった事は、左官屋にお願いすることになります。

CIMG0187
このような下地すらない場合でも、左官補修は可能ですが、ここらまでの状態の復旧は、塗装屋には不可なので、こういう場合は左官屋にお願いします。

 

CIMG0240
モルタルとは言いましても、最近のモルタルとは、ベースモルタルという、本物のモルタルではなく、発砲スチロールなどを含む軽い素材で、現在は本物のモルタルを使うような事は無いようです。しかも、こちらの方が軽くて強いようです。

 

CIMG0282
仕上げるとこのような感じです。1回でこのような復旧は不可で、一度目は厚みをつけて、二度目で仕上げていきます。すると、先ほどの穴が開いている壁面でもこのように復旧可能です。

 

ビス留め


ビス留めは、モルタル壁が浮いていたりする場合に有効な補修になります。構造に向かってビスを打ち込んでいく事で、浮きが軽減され、補強となります。
本来は、壁が浮いているのであれば、左官屋にお願いして壁をはつり落とし、壁の下地からモルタルを形成し、修繕していくのが一番なのですが、それだと費用も時間も掛かるので、なかなかハードルが高いです。本当にどうしようもない場合は、壁を、はつらざるを得ませんが、そうでないならビス打ちだけでも全然違ってきます。
dscn1059
ハンマードリルで、ビスを打つ穴を開けて・・・・
dscn1061
インパクトでビスを打ち込む。 壁が浮きまくりの建物ですと、明らかに壁が内側に寄っていくのが分かります。

 

エポキシ注入


モルタル壁が浮いている場合は、ビス留めで対処できますが、コンクリートの建物では、中には鉄筋しかないし、コンクリート自体が構造なので、ビス打ちは不可です。よって、コンクリートの建物では、エポキシという付着力の高い樹脂を打ち込み、それで補強をします。
003
まず、コンクリートの壁が浮いているのを確かめるには、このような道具で壁をゴロゴロと転がしていくと、明らかに空洞のような音がする部分があり、そういうところを見つけてマーキングします。エポキシ注入には色んなやり方があるので、建物に応じ処理が違います。

下の写真は、コンクリートとモルタル笠木部分を補強させる為に、エポキシを打ち込んでいった例です。
P20400071
まず、打ち込む部分に穴を開けていきます。

P2040008
そして専用のガンを使って、内部に充填していきます。

DSCN0115
DSCN0124
エポキシ注入後になります。

もし壁が明らかにひび割れや、今にも落ちるかもしれないような場合は、注入ではどうにもならないので、全てはつり落とし、モルタルで補修などをしなければどうにもなりません。

 

窓廻りへシーリングの充填


コンクリートの建物には、窓廻りにもシーリングが充填されています。よって、そういった部分は、シーリングの打ち増し、又は、打ち替えを行う必要性があります。
CIMG0504
青い部分はウレタンシーリングを充填されている箇所です。
黄色い部分は、変性シリコンシーリングを充填されている箇所です。
青いウレタンシーリング部はブリード現象(黒ずみ)こそは起こっていますが、それほど痛みは見られません。この場合は、打ち増し対応か、打ち替えの2択になります。安さを重視するなら、何もしない業者もいると思います。
黄色の変性シリコンシーリング部分は、かなり劣化していますので、打ち替えが必要です。

因みに下の写真は、上の現場とは別の建物で、シーリング打ち替えを行った例です。
DSCN9909
シーリング撤去後に、養生テープを貼った後の状態。

DSCN9945
まず窓廻りに、ウレタンシーリングを打ち込んで、乾燥しないと、上のように変性シリコンシーリングを打つ部分の養生テープも貼れません。
写真で養生テープを貼っているサッシ下部のシーリングには、変性シリコンシーリングは絶対ですが、窓廻りはウレタンか変性シリコンシーリングのどちらでも問題はありません。但し、いずれもノンブリードタイプを使用しましょう。

新築時のままで初めて塗り替えされるコンクリートの建物で、過去にはこのような例がありました。
●サッシの変性シリコンシーリング部に、窓廻りと同じウレタンシーリングのグレー色で一まとめに施工されていた現場。
●窓廻りにウレタンではなく、油性のコーキングを使用していたりする現場。
こういう場合は、剥がすのが困難すぎるので、きっちり剥がすのが難しいです。コンクリートの建物では、シーリングが3面で接着されており、サイディングの建物の2面接着部のシーリング打ち替えとは全く違い、本当に大変です。

DSCF8193
シーリング撤去時には、網戸も外さなければいけない場合もあります。
また、網戸が外から外せるタイプならまだしも、部屋側から、ネジをゆるませて、外さないといけないタイプもあるので、こういう所もしっかり把握が必要です。簡単に外れるものなら良いですが、建物により取り外しが容易ではない場合1日仕事になることもありますので、そういう場合の取り外しは、サッシ屋にお願いした方が安くて、早くて、上手いです。

 

DSCN9952
シーリング打ち替え後です。サッシ廻りのウレタンシーリング部分には、塗料を被せることになります。

 

剥離処理

0134
剥離剤を使用し、旧塗膜を剥がしていく処理です。
下地の密着が悪く、高圧洗浄だけで剥がせない部分があったら、段差ができるので、その為に見切りの良い部分まで剥がしたり、下地が浮いているような場合に行う処理です。
剥離剤は非常に危険なので、防具をつけて使用しなければいけません。

余談ですが、以前サイディング外壁に単層弾性塗材を塗られている現場があり、サイディングのような蓄熱する素材に対し、単層弾性のようなネチャネチャする弾性塗料を塗っているから、プクプクに塗膜が膨れまくっていた現場があり、その上からの塗り替えを依頼されました。とりあえず剥離しなければならないので、剥離剤を使用したら、サイディングの壁まで溶かしてしまい
ましたので、サイディング外壁には剥離剤は不可です。因みに、壁を溶かすだけではなく、弾性塗膜のネチャネチャした塗料がまとわりつくだけでどうにもならないので、その現場では、サンダーで浮いている部分をケレンしまくり剥離しましたが、サイディングの元のデザインは当然無くなります。お施主様には、最初からご理解頂いてましたし、その後、膨れることは無くなったので、大変ご満足頂いております。

シリコンシーリング撤去


下地処理では、シリコンシーリングの撤去も行う必要があります。シリコンシーリングの上には、塗料が密着しないからです。
シーリング充填部位にシリコンシーリングがある場合は、撤去し、ウレタンシーリングか変性シリコンシーリングのノンブリードタイプで打ち替えを行います。
DSCN4802
よくあるのは、上のようにエアコンカバーの周辺に打たれているケースです。

048
こういう配線の出ている付け根にも、シリコンコーキングがあります。

・・・というこの程度なら、撤去も容易ですが、今までで一番問題だったのは、下記のような場合です。

  • アルミサイディングの塗り替えで、アルミサイディング取付時の業者が、納まりに全てシリコンシーリングを使用している。
  • 過去にサッシ取り替えリフォームをされ、壁とサッシのつなぎ目に、全てシリコンシーリングを使用していた。
  • お施主様がこれまで幾度も、亀裂を処理してこられ、信じられないくらいシリコンコーキングをあらゆる個所に打ちまくっていた。

こういう現場は結構多く、シーリング撤去費用が発生します。
撤去するか、専用のプライマーを塗ることで密着性を高めるか という2択になりますが、一番良いのは全撤去が好ましいです。予算が上がる事を考えれば、絶対撤去が必要な部分だけ、撤去し、それ以外は専用プライマーを塗るか?、という選択が一番スタンダードと言えます。

基本的に、電気屋、水回り業者、サッシ屋、板金屋などに工事をしてもらった事がある場合は、まずシーリングにはシリコンシーリングを使用しているケースが高いです。よって、今後塗装する事があるのであれば、できる限り変性シリコンシーリングを使用してもらった方が良いです。