カラーシミュレーションについて

当店では、タブレットで行うカラーシミュレーションには対応しています。
カラーシミュレーションは、イメージづくりには、非常に有効的なアイテムではあると言えます。

ただ、すでに色のイメージが固まっている方には、カラーシミュレーションではなく、塗板見本をお作りしますので、そこから決めて頂く方が、トラブルは免れます。

よく聞くのは、カラーシミュレーションをして、タブレットや画面上では良い色だと思い、そこに表示された色番で、そのまま塗料を発注すると、塗装後に、「え~こんな色だったっけ?」みたいな事になるそうです。

それはそうです。そもそも、カラーシミュレーションでの色は、画面の中のデジタルの色であるし、2次元だし、塗料でもありません。塗料には、艶や質感がありますし、時間帯によっても見え方が違います。なので、実際の色を塗った塗板を作成し、それを外で合わせてみないと、本当のイメージはかなり掴みにくいものと考えられます。

カラーシミュレーションをご希望される方なら、尚更そういう色にこだわる人である可能性が高いので、必ず塗板見本で確認しておくに限ります。

カラーシミュレーションをご利用される場合は、画面上で決めた色番だけで、色を決めつけない事!!