toggle
呉市の塗装店

モルタル壁・コンクリート壁について

モルタル壁

モルタルとは、主にはセメント・砂・水の配合からなる材質です。因みにセメントとは、水や石灰などを混和させる事でできる紛体の事を指します。因みに、モルタルもセメントもそれぞれ、様々なタイプの物があります。
下の写真は、塗装を一切行っていない壁面で、モルタル仕上げそのままの状態です。
cimg2020

cimg2021
本来は、このモルタル左官仕上げの壁面に対し、こちらのページでご紹介している塗装仕上げを行っているものです。サイディング外壁が主流になってくる前は、モルタル壁の家ばかりで、新築時は、リシンやスキン・スタッコで仕上げた壁が多く、高級仕様の場合は、タイル吹き仕上げを行う現場があったりと、一昔前はそんなものでした。現在は、モルタル壁の新築は少ない上に、あったとしても塗装仕上げの新築は非常に少なく、それよりもコテでスタッコ材を意匠性のある左官仕上げする建物を多く見かけます。

では、このモルタルの下はどうなっているのか?ご説明します。

上の写真の現場では、モルタルをはつり落としました。黒くなっている部分が落とした部分です。黒く見えるのはアスファルトフェルトと呼ばれる、防水性のあるシートです。さらにアップにしたのが次の写真になります。

この現場は、2012年時のあるお宅ですが、その時に40年以上前の建物であった事もあり、シートもボロボロですが、本来は一切破けていない物です。はつり落とした部分と、そうでない部分の断面をご覧頂きたいと思うのですが、モルタルの厚みは、1.5cm~2cmくらいしか無い物です。

建物のコーナー部分で柱があり、その上にある黄色〇部分は、スノコ状に木を釘で打ちつけてあり、その上にアスファルトフェルトというシートが張ってあるという、仕組みです。では、こういった仕組みに対し、モルタルはどのように乗せられているのかを、次にご説明していきます。

写真で分かりにくいですが、ラスという金網です。これをアスファルトフェルトの上に、取り付けていきます。

こういう感じです。

こちらは、別の面です。なぜこんな金網を取り付けるかと言いますと、この上に乗せていくモルタルを引っ掛かり易くする為です。これがないとモルタルを乗せれません。

そして、まず1回目のモルタルで厚みを付けます。モルタルとは言いましても、最近の物は発泡スチロールを含むモルタル材で、物凄く軽量な上に持ちの良い材質になっています。モルタルは、2回に分けて壁面に厚みをつけていきます。

2回目の厚みをつけると、このような壁の完成です。
ここまでは左官屋が行う仕事で、塗装屋は、この上にどんな塗装仕上げを行うか?というのが、仕事となります。ですから、塗装屋は左官屋に比べれば、非常に薄膜の化粧を行うだけの仕事でしかないのです。だから、例えば左官屋の腕が悪くて、元々うねったような壁面になっていて、その上から塗装を行えば、そのうねり感は、塗装してもそのまま表れてしまいます。土台である下地が根本的に悪くて、それを直したいのであるなら、左官屋に下地から直してもらう必要があります。
塗り替え工事では、こういった下地が割れていたり、軽微な欠損をしている状態であれば、塗装屋が下地処理として補修を行う物ですが、壁が明らかに落ちていたり、今にも落ちそうな状態であるなら、塗装工事を行う前に、左官屋の工事が必要になる事もあります。

 

コンクリート壁

コンクリートの建物とは、いわゆる鉄筋コンクリート住宅の事です。モルタルとコンクリートは何が違うのか?と思われるかもしれませんが、コンクリートの場合は、セメント・砂・水・砂利を組み合わせた物を言います。そんなコンクリートと、鉄筋を入れて組み合わせる事で、鉄筋コンクリートの建物は完成します。
コンクリートの建物には、打ちっぱなしというモダンな100%コンクリートの建物もあれば、一般的なコンクリートの建物には、表面仕上げにはモルタル仕上げをされています。打ちっぱなしのコンクリート住宅では、表面に撥水効果のあるクリヤーで仕上げをされている物が多いですが、表面をモルタル仕上げをされているコンクリートの建物には、塗装の仕上げを施している物が多いです。
040
例えば、この建物を見て頂いてお分かり頂けるように、どう見てもコンクリートの建物ですよね?こういう建物は、表面仕上げはモルタル処理されている上に、塗装仕上げをされています。
039
近くで見ると、壁面にはスキン塗装仕上げをされています。例えば写真に記した笠木ですが、こういう部分はコンクリートではなく、モルタルでこのような形状を形作っています。さらに余談ですが、こういう笠木から水漏れする事もありますので、塗り替えの際にはこういう部分にも、何らかの処理が必要になってきます。コンクリートの建物は、打ちっぱなしであれ、表面仕上げされている物であれ、塗装は必要になってきますし、あらゆる塗装パターンも可能です。